スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
邦題はいただけません
TOP ▲
Wouldn't You Miss Me?: The Best of Syd Barrett

Syd barrett
Wouldn't You Miss Me?: The Best Of Syd Barrett


ついでなんで、もう1枚。
2001年にリリースされたベスト盤。
どんな好きなアーティストやバンドでも、ベスト盤まで買うことは少ないんだけど、これは一応目玉らしきものがあったので購入。
もう聴き慣れた曲ばかりなので、曲順が多少新鮮な程度で、お得な感じがある訳もなく。
優れた点と言えば、自分が持っている盤よりは、多分、音がいいんじゃないかな、というくらい。

で、目玉というのは、ジャケットにも書いてあるけど、21曲目の"Bob Dylan Blues"という曲。
かなり前に買ったイタリアかどこかで発売されたシド・バレットの歌詞集にこの曲が載っていて、こういう曲があるらしいということだけは知っていたのだけれど、この曲が収録されたブートレッグも見かけたことがなかったし、当然聴いたことはなかった。
そんな曲が収録されているというので、これは買っておかねばということで。
でも、聴いてみたら、目玉というにはあまりにも地味で、こんな曲なのかというのを確認しただけで、特に印象に残ることもなく終わる。

改めて聴いてみて、シド・バレット風味のかなり強い、ボブ・ディランのオマージュといった風で、やっぱり地味だし、この人の曲の中で特に優れた曲とは思えないけど、これはこれで悪くないかな、と思った。
アルバム全体としては、前述の通り何度も何度も聴いた曲ばかりなので、嫌いな訳がなく、でも、新鮮味がある訳ではなく。
たまに気分転換に聴くのがちょうど良いかな、という感じ。
良くも悪くもベスト盤、といったところ。

以上です。
ジャケットは、なかなか良いですね。
邦題がいただけませんが。



正月の朝。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/09/05 23:09] | Rock | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪こういうのもありました、程度のもの | ホーム | クラクラしたい時に≫
コメント
piouhgdさん、こんばんは。

シドを記事にしておられるのを拝見して私も昔の音源を引っ張り出して聴きなおしていました。

"The Piper at the Gates of Dawn"のようにピンク フロイド名義のアルバムではそうでもないのですが、シドの単独アルバムはなんとなく自分の腑に落ちないものを感じます。
きっと歌詞をしっかり理解しないことには彼の魅力は半減してしまうんでしょう。かといってライナーは無いので困ったもんです。
昔に買ったシドの写った海賊版のヴィデオがあるのですが、デッキを繋ぎ直すのも面倒で難儀なことです。

聴き直して気がついたのですが、シドの音楽を理解してぴったりとした演奏をしているのは意外にもリック ライトであること。
ロジャーとの関連性をうんぬんされることが多いようですが、そうでもないような気がしてきました。
このアルバムの表題の"Wouldn't You Miss Me"ですがギルモアはロジャーと別れてからもライブでうたいつづけていますが、そのことは私を嬉しくしてくれます。
シドについてはいつかまたまとまって時間を取って聴いてみなくてはとまた先延ばしにするのでした(笑)。
[2009/09/08 04:24] URL | Sonny [ 編集] | TOP ▲
>Sonnyさん

>シドの単独アルバムはなんとなく自分の腑に落ちない

あれはやっぱりとても好みの分かれるものだと思います。
そういったフロイド・ファンも少なくはないんじゃないでしょうか。
逆に、シドは好きだけどフロイドはだめという方も。

>歌詞をしっかり理解しないことには

その歌詞も理解するのはちょっと大変かもしれませんね。
自分はというと...、あまり深く考えないことにしています。(笑)

>ロジャーとの関連性をうんぬん

リック・ライトに関しては気づきませんでしたが、ロジャーに関してはちょっと分かる気がします。
シドのアルバムに関わるのをたしか途中で放棄してますよね。
で、最後まで面倒見たのはギルモアですし。

>ギルモアはロジャーと別れてからもライブでうたいつづけて

あ、そうなんですか。
最近の活動はぜんぜんチェックしていないもので。
[2009/09/08 11:17] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1203-48e216ca
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。