スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
ジャケ買い成功例、リプライズ
TOP ▲
Complete Science Fiction Sessions

Ornette Coleman
The Complete Science Fiction Sessions


最近友人から頂いてしまったこのアルバム。
このアルバム自体は、随分と前に内容も碌に知らずにジャケットが良いからという理由で購入し、聴いてみたら内容も格好良かったのでとても好きな1枚、ということは3年半とちょっと前に書いたことがあった。
で、このアルバムと同じセッションでの演奏を収録した"Broken Shadows"というアルバムも、このアルバムを買った頃に一緒にCD化(だったか、再発だったか)されていて、それも聴いてみたい、とずっと思っていた。
でも、何となく買いそびれたまま。
で、何年か前、といってもそれすらもかなり前になってしまったけど、それらの2枚のアルバムを含むこのコンプリート盤がリリースされて、ダブりはするけど買ってみようかな、と思っていた。
けど、結局、これも買いそびれたまま。
で、冒頭に戻り、友人から頂いてしまって、喜んでいるところ。

聴いてみると、まあ、大半聴いたことがあるので、今更驚きはしないし、こういったコンプリート物ゆえ、2枚組でちょっと長いから通して聴くとちょっとダレるというのはある。
でも、曲順が違うだけでも思いの外新鮮だった。
その他、後の"Dancing In Your Head"参照)の原型(?)みたいな曲があったり、唐突にヴォーカル入りの曲が始まったり、そのヴォーカル曲ではシダー・ウォルトンが参加していたり、発見も多数。

それと、"Science Fiction"というアルバムのことを、どこかシリアスに捉えていたのだけれど、これを聴くとやけに楽しげに聴こえ、ちょっとイメージが変わったような気がする。
というのもブックレットの演奏風景を写した写真を見たからかもしれないけど。
これを踏まえて、もう1度単体のアルバムを聴き直してみると面白いかも、と思っているところ。

感謝。



こちらは休み。
back-woods song
[2009/09/14 19:01] | Jazz | トラックバック(0) | コメント(4)
この記事のURL | TOP ▲
≪何事もなければ来月も | ホーム | ほぼ送料のみ≫
コメント
聴いた事の無いアルバムです
こんにちわ。
何にか色々と試しているセッションのようですね。
完成品を知っていると、こう言った過程の録音にニヤッとするような発見が有ったりして楽しいでしょうね。
[2009/09/16 23:32] URL | falso [ 編集] | TOP ▲
>fさん

このアルバムって、あんまり話題になっているのを見かけたことがないのですが、こうしてコンプリート物がリリースされているということはそれなりに評価されているんでしょうか。
よく分かりませんけど、個人的には好きなアルバムなんです。
なかなか楽しいですよ~。
[2009/09/16 23:41] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
Broken Shadowsのことなど一切知らずでお恥ずかしい限りです。そうなのシリアスでもないんですよね。数年ぶりに自分も聴いたんだけど、なんか楽しげで、あれこんなことやってたっけ?という感じでした。メンツがフリー畑オンリーじゃないのもおもしろいですね。
[2009/09/17 02:01] URL | たに [ 編集] | TOP ▲
>たにさん

メンツのことやら、買った当時は誰が誰だか知らずに聴いていて、今はある程度それが分かるようになって、意外な人が参加してたりして、面白いです。
何だかとっちらかってるところがいいね、このコンプリート盤。
[2009/09/17 07:53] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1209-25eab372
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。