スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
こういう日があるから毎回見たくなる訳です
TOP ▲
Hiroshi Minami

Minami Hiroshi Go There!
09/24/09 Pit Inn - Shinjuku, Tokyo, Japan


久しぶりに更新です。
こんなに空いたの初めてかも。
Sonnyさんに再びお会いできたりして、楽しい連休でした。
ありがとうござます。

という訳で(?)、連休明けにさっそくライブ。
1ヶ月半振りくらいの南博Go There!。

セットリスト。

Set 1:
Oracion
Barak Obama
The Sea And The Ocean
Subprime
Window In The Sky

Set 2:
Serene
December
Angie Dickinson
Lost
Peaceful Destruction
Praise Song

Encore:
Blue Monk

ファースト・セット。
いきなり"Oracion"からというのが意外な上、ライブで聴いたのは結構久しぶり、だと思う。
その上、ちょっと雰囲気も変わっているし、熱い上に一点に向かって集中して行くような演奏で、とんでもなく格好良い。
"Barak Obama"では、そのまま持続し、次の2曲で、静か目にクール・ダウン。
そして、最後の"Window In The Sky"で、再び爆発。
最初のセットで約70分と、久しぶりに長めの演奏時間。
いつもと同様ながら、いつもとちょっと違い、かなりの充実度。
こういう日があるから、毎回見たくなる訳です。

セカンド・セット。
まずは、MCから。
キーワードは、一休さん。(?)
そして、"Serene"。
前半の流れを引き継ぎつつ、そこまでやっちゃって大丈夫ですか、芳垣さん、という感じの逸脱ぶりも見られ、かなりスリリング。
で、"December"で静か目に、"Angie Dickinson"で盛り上がり、これまた(たぶん)久しぶりの"Lost"で静か目に、"Peaceful Destruction"で再び爆発、と交互に。
この日は、爆発した時のテンションがやたらと高い。
で、"Peaceful~"で終わりかと思いきや、そのまま"Praise Song"へ。
1つのセットで、珍しく6曲。

そして、アンコール。
水谷さんとのデュオもあるかな?とか、何をやるんだろうといろいろ想像していたところ、全員参加で"Blue Monk"。
これがまた、まともではなくて、南さんがスタンディングで激しくピアノを弾いているかと思えば、ピョンピョン飛び跳ね始める。
さらにはマイクを手に取り、メンバー紹介を兼ねた(?)絶叫。
一休さんでも乗り移ったんでしょうか。(?)
ともかく、ここまでテンション高いのは初めて。
こういう日があるから、毎回見たくなる訳です。

そんな感じで、この日も楽しんできました。
お客さんがもっと多くても良いと思うんだけど。



この日もGo There!。
back-woods song その1
back-woods song その2
[2009/09/26 18:32] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪いつ買ったんでしょうか | ホーム | 極限状態(ではないですけど)≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1213-065221fb
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。