スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
ブラジルついでに
TOP ▲
Stone Flower

Antonio Carlos Jobim
Stone Flower


ブラジルついでに、もう1枚。
これまた結構前にこの人の別のアルバム参照)のことを書いた時に、友人からお薦めされたのがこのアルバムだった。
で、その後すぐだったか、しばらく経ってからだったか、すっかり忘れてしまったけど、とにかく手に入れた訳です。

そんな、70年作。
全然知らなかったけど、さっき検索してみたら"Tide"と同じ時に録音されたもの、らしい。
なるほど。

で、買った時点に戻って、どうだったかというと素直に良いアルバムだと思った。
思ったんだけど、たまに聴く程度で、何となくそのままになっていたのが正直なところ。
前回Tamba 4のアルバムと同じような理由で。
たぶん。

それが、先日、特に理由もなく、本当にただ何となく久しぶりに聴いてみたら。
最初は、依然と同様に、ただ心地良く聴いていただけだったんだけど、4曲目の"Brazil"あたりで印象がガラリと変わった。
細かいことを言えば、スネアの音だとかシンバル、ハイハットの音、トライアングルの音など、隅々までアレンジが行き届いていて、それがやたらと格好良く聴こえたりして。
そうなると、不思議なもので、アルバム全体がそれまで以上に心地良く聴こえだし、これはとんでもなく素晴らしい作品なでは、とさえ思うように。
そんな感じで、最近、たまに聴きたくなって聴き入っております。

今、ついでに"Tide"も久しぶりに聴いてみているのだけれど、同時録音でも雰囲気がちょっと違っていて面白い。



大阪へ。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/09/28 19:03] | Brasil/Latin | トラックバック(0) | コメント(4)
この記事のURL | TOP ▲
≪圧倒されました | ホーム | いつ買ったんでしょうか≫
コメント
こう言うの
こんにちわ。
こう言うのは、もう15年くらい聴いていない気がします。
ブラジル人の口から名前は出てこないし、表立って記事になる事も無いし。
世界で一番大切にして聴いているのは日本人じゃないかと思います。
最近のブラジルの音楽の半分以上が、くだらない大量生産型ポップスなのを考えると、ブラジル人が聴くべきのような気がします(笑)。
[2009/09/28 23:38] URL | falso [ 編集] | TOP ▲
>fさん

この人とか、ジョアンとか、現代のブラジル人で好んで聴く人は少なそうですね。
単に古臭いとかで片付けられているとしたら、勿体ない気がしますが、それも日本人だからそう思うんでしょうか。
まあ、そういう自分も自分の国の音楽はあんまり...。(笑)
[2009/09/29 00:02] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
そうだったんですね。ブラジル人は聴いてないのかぁ。。。おれには常緑現在進行形でありました。

Jazzの正体って、一体何がJazzたらしめてるのかはわかりませんが、この盤は自分には色褪せません。
[2009/09/29 02:07] URL | たに [ 編集] | TOP ▲
>たにさん

前にモロ・ノ・ブラジルと言う映画で、バイーアを訪れてもジョアンには触れられず、映画全編ボサのボの字も出てこない、というのを見て、それを実感したことがあります。

>この盤は自分には色褪せません

良いものは良いので、ブラジル人のことを気にする必要はないよね。(笑)
[2009/09/29 07:52] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1215-fab08cf6
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。