スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
圧倒されました
TOP ▲
_IGP0995

Sardeine Head w/ Kido Natsuki
09/29/09 Crocodile - Shibuya, Tokyo, Japan


さて。
毎年恒例(?)、Sardine Headのゲスト参加シリーズ。
昨年のナスノさんに続き、今回はギタリストの鬼怒無月さんをゲストに迎え、ということでかなりに楽しみにしていたライブ。
今年3月の是巨人と共演の時、一曲だけ一緒に演奏しているし、ドラムの小林さんだけとは言え、先月も鬼怒さんと一緒に演奏しているのを見たことはあるけれど、バンド全体でガッツリと、となるとまた格別。

_IGP0798

_IGP0824

という訳で、スタート。
ファースト・セットは、通常通りのSardine Headによる演奏。
ちょっとイントロ的な演奏の後、"Fusion"から。
この曲、こなれて来て、ますます良い感じに。
それだけじゃなくて、1曲目から妙に気合いが入っていたように聴こえたけど、どうでしょう。

_IGP0827

_IGP0832

次に"Goose Bumps"がさらに、感心してしまう程よかった。
久しぶりにクロコダイルに来たけれど、音の響き方がとても気持ち良く感じた。
そして、その後、メドレーっぽく進行。
どの曲も妙に気を持たせるような始まり方。
そして、やっぱりどの曲も気合いが入っていたように聴こえたけど、どうでしょう。

_IGP0859

_IGP0871

で、ファースト・セットの最後が、"The Ending"。
この曲が、また、より人を食ったような感じに手が加えられていて、ますます面白い。
欲を言えば、この曲も鬼怒さん入りで聴いてみたかったかも。

_IGP0877

そして、いよいよ。
セカンド・セットで、鬼怒さんが登場。
気になる1曲目は、予想通りといえば予想通りだった"Shuffle"。
是巨人との共演の時にも一緒にやっているし、何よりどうにでもできる自由度が高い曲ので、やっぱりゲストを迎えた時の一曲目にピッタリ。

_IGP0889

で、これがまた、音からフレーズからとんでもないことになっていて、度肝を抜かれた、としか言いようがないです。
正直に言うと、今まで鬼怒さんのようなスタイルの音を出すギタリストって、実はあまり得意ではなくて(鬼怒さんがどうとかじゃなくてね)、ほとんど聴いてこなかったに等しいのだけれど、ここまで圧倒的な演奏を聴かされると、ただただ絶句。

_IGP0900

で、迎え撃つ(胸を借りる?)Sardine Headの2人のギタリストが実に楽しそうで、普段のこのバンドでは聴けないような演奏もしていたりして。
聴いているこちらとしても、とても楽しい。

_IGP0914

_IGP0931

その後、Sardine Headの曲だけでなく、鬼怒さんの曲も2曲ほど、"Whichi-Tai-To"というカヴァー曲も。
鬼怒さんの「風は光る」という曲は、さわやかに始まるけれどいつに間にか混沌とした展開になっていて格好良かった。
もう1曲、"Country Rock"という曲もさわやかに始まったので、途中でまた?と思っていたけど、さわやかなままで終了。
これもまた、格好良い曲だった。
"Whichi-Tai-To"は、どこかで聴いたことがあるような気がするんだけど、思い出せず。
気のせいかも。

_IGP0971

_IGP0975

_IGP0989

で、締めは"Loop"。
いつものベース・ソロのみならず、鬼怒さんのソロ入りでこれまたとんでもないことに。
書きようがないです。

_IGP1026

_IGP1025

_IGP1031

_IGP1032

_IGP1059

そして、アンコール。
曲は、"Soil"。
アンコールとしては少々意外だったけど、ゲストがギタリストならば全然不思議はない曲。
もちろん、これもとんでもないことに。(こればっかり)

_IGP1071

_IGP1085

終わってみれば、アンコールも含めてセカンド・セット前面参加、ということで、予想以上に濃い内容。
費用対効果のとても高いライブでした。
楽しかったです。

さて。
気になるのが来年ですが...?
まだ、気が早いですね。

セットリストは、鰯メモ

その他の写真



こっちは休み。
back-woods song
[2009/09/30 21:28] | Live | トラックバック(1) | コメント(8)
この記事のURL | TOP ▲
≪ピッタリ?、じゃないかもしれないけど | ホーム | ブラジルついでに≫
コメント
pioさん、昨夜もありがとでした!

はい、楽しかったですよ~(笑)。
うお~凄ェというところから度々更に加速してましたね、鬼怒さん。
本番ではこのくらいやってくれちゃうかな~?
という予想を余裕で上回るプレイで、もう笑ってしまいました。


さて来年は誰になるんでしょう?
僕自身今から楽しみです。
この流れだとあの人ということになっちゃいますが・・・(笑)。
[2009/10/01 02:25] URL | かわにい [ 編集] | TOP ▲
>かわにいさん

どうもお疲れさまでした。
いや、もう笑うしかないですよね。
笑うところだらけで終始ニヤニヤしながら見てました。(笑)
とても楽しかったです。

>この流れだとあの人

ね。(笑)
楽しみにしてます。
[2009/10/01 07:44] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
pioさん~
火曜日もありがとうございました!!
いや~~~こちらもそれはそれは楽しかったです(笑)。
ほんとに書きようがないですね(笑)。
今回も昨年同様リハ1回、当日リハ、本番
という流れだったのですが
徐々に上がってきて最後に爆発!みたいな感じで(笑)
最高でした!

来年・・・
さてどうしましょう(笑)。
[2009/10/01 10:16] URL | ジョージ [ 編集] | TOP ▲
>ジョージさん

どうもお疲れ様でした~。
書きようがないですよ。(笑)
特にギターのお二人が、触発されている様は普段とちょっと違っていて面白かったですよ。

>来年・・・

多分、聴いている方はみんな贅沢になってますからね、ちょっとやそっとじゃ満足しませんよ。
と、プレッシャーをかけておきましょうか。(笑)
[2009/10/01 10:22] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
ガッツある鬼怒さんのギターに、「そっちがそうなら、こっちはこうやってやるぞ」的なジョージさんのギター、そして「そっちがそうでも、こっちはこっちでわが道を行くぞ」的なかわにいさんのギター、三者三様で楽しかったです(同じ事ばっかり行ってる)。

また大阪あたりで見れたらいいですなぁ。
[2009/10/01 23:37] URL | アキ [ 編集] | TOP ▲
>アキさん

お会いできましたね。
良かったです。

>三者三様

でしたね~。
面白かったです。
ライブ終了後、かわにいさんは、途中で諦めた、と仰ってましたが(笑)、全然そんな風には見えなかったですよね。

>また大阪あたりで

そうですね。
そうなるよう祈りましょう。
[2009/10/02 00:08] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
カメラの調子も良さそうですね。
またまた、写真を眺めながらサーディンを楽しめさせていただいてます(笑)
piouhgdさん的には、次回はどんなゲストが見てみたいですか?
僕が聞いたところでどうにも出来ませんが(^_^;)
[2009/10/02 11:07] URL | 元親 [ 編集] | TOP ▲
>元親さん

どうもありがとうございます。
とてもよいライブでしたよ。
音源登場したら、ぜひ聴いてみて下さい。

>次回はどんなゲストが

それはもう、あの人しかいないのですが。
どうしよう。
秘密にしておきます。
分かる人には分かると思いますけど。(笑)
[2009/10/02 11:16] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1216-cffa4d67
Sardine Head/2009年9月29日 渋谷クロコダイル
見に行くのは3月以来のサーディン・ヘッド、年一回の恒例?ゲストを招いてのワンマン・ライブです。 第一部はメンバー4人のみでの演奏。新曲や久々の曲など耳馴染みが少ない曲のせいか、いつもよりも混沌としている印象。更にくどくなり、終わる気配の無い「The Endi... 8109[2009/10/02 06:02]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。