スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
ジャンクと言われてまず思い出すのが
TOP ▲
Lurch/Butterfly Love

Steel Pole bath Tub
Lurch/Butterfly Love


例によって脈略もなく。
その昔、海外ではそんな風に呼ばれてたのかは知らないけど、ジャンクなんて呼ばれてた音楽がありまして。
多分、興味を持ったのはアルビニのRapeman(参照)辺りからで、その後、Nomeansnoだとか、このバンド辺りを試してみたのだったと思う。

で、これは、89年の"Butterfly Love"というアルバムと90年の"Lurch"というEPをカップリングしたもの。
何でこれを選んだかというと、この頃このアルバムを一番良く見かけたから。
というのと、Black Sabathの"Paranoid"をやっていて、何となく興味を持ったから。
多分、そんな理由。
で、Nomeansnoに関しては、ジャンクがどうとかと関係なく単純に気に入り、好きなバンドのひとつになった訳だけれど、このバンドはというと、勢いがあるのである程度聴いていられたのだけれど、妙に大味に感じて結局ハマることはなく。
友人からこれ以外のアルバムも薦められたりもしたような記憶がかすかにあるけれど、結局手に取ることもなく。
それどころか、ジャンクと呼ばれてた辺りも、いつの間にか興味がなくなり、深入りすることもなく。

で、久しぶりに聴いてみているところ。
演奏がしっかりとしてるバンドなので、かなり聴いていられる。
でも、やっぱり大味か。
妙にダラダラとした展開になってしまうのが、少々疲れるところ。
ノイジーで、パンクがベースになっていながら、ハードロックからの影響が伺える辺りが、裏目に出ているような。
それがこの手のバンドの面白いところでもあるし、まったくの個人的な見解ではあるけれど。
何となく輪郭がぼやけているように聴こえてしまう。

多分、これより後の作品の方が、良いのではないかと、聴いたことがないながらにも推測している。
かといって、今、手に入れて聴いてみたいかというと、それはどうだろう。
という感じです。



大阪です。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/10/12 22:22] | Rock | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪年内最後だというので | ホーム | 届いてみたら歌入りでした≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1222-118c2220
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。