スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
ツギハギに聴こえたものですが
TOP ▲
Californication

Red Hot Chili Peppers
Californication


ついでなんでもう1枚。
99年の7枚目。
ジョン・フルシアンテが抜け、デイヴ・ナヴァロが参加した6枚目はどうしたかというと、Jane's Addictionはそれなりに好きだったこともあり、人選としては面白いし気が利いてるなとは思いつつ、ちょっとあわないんじゃないかと思ってもいたところ、CD屋で流れていたプロモーション・ビデオを見て、これは別にいいかな、と結局聴かずに終わる。
だから、いいアルバムだったのかもしれないけど、知りません。

で、このアルバム。
こういう音楽はほとんど聴かなくなっていた時期だったんだけど、フルシアンテが復帰ということで期するものがあり、購入。
でも、聴いてみたら、決して悪くはないんだけど、以前の良いところをツギハギしたようにしか聴こえず。
少なくとも当時の自分には。
ということですっかり冷めてしまう。

で、改めて聴いてみているところ。
何年ぶりだろう、というくらい久しぶり。
以前にはあんまり感じなかった力強ささえ感じるし、これはこれで良いかも、と思った。
ツギハギ感は多少感じはするけれど、以前ほどでもないし、フルシアンテの音楽性がかなり反映されているのか、ここで既に音楽性に変化があったことも実感。

と、いろいろ発見しつつも、でも、やっぱりもう自分の興味の対象ではないなということも実感。
"Blood Sugar Sex Magik"参照)と同じである必要はないし、それを求めている訳でもないんだけど、結局このバンドが好きなんじゃなくて、"Blood~"という作品が好きなだけなんだと思う。

この次の"By The Way"は、一応、借りて聴いてみたことがあって、悪くはないなと思いつつも、夢中になるような感じでもなく。
そのまた次の"Stadium Arcadium"が出た時には、見向きもせず。
でも、"Stadium~"の頃、やっぱりCD屋で見かけた映像で、"Give It Away"を演奏していて、それは凄く格好良いなと思ったんだけど。
自分にとっては、そんなバンド。

フルシアンテのソロ作品には、前から興味があるんだけど、未聴です。



9月です。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
[2009/11/03 14:53] | Rock | トラックバック(0) | コメント(6)
この記事のURL | TOP ▲
≪懐かしい、けど | ホーム | 見事です≫
コメント
僕もしばらくレッチリ熱が冷めて後期の作品はスルーだったのでが、"Stadium Arcadium"が出た頃、僕のまわりのアメリカン・ルーツ・ロック好きたちがこれはイイ!と言っていたので、気になっていましたが、昨年ようやく買って聴きました。

うん、確かにイイ!
彼らが単なるオバカロックバンドじゃない証明がここにあると思うし、彼らのルーツ自身も幅広くディープだと思います。
でも買うなら中古ぐらいでいいと思います(笑)
[2009/11/03 16:53] URL | アキ [ 編集] | TOP ▲
>アキさん

"Stadium~"ってそういう感じなんですか。
たしか2枚組ですよね?
2枚組と知った時点で、興味なかったですから。(笑)

>買うなら中古ぐらいでいい

なるほど、憶えておきます。(笑)
[2009/11/03 19:40] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
数少ない知ってる名前だから連書きしてしまう(笑)
こんにちわ。また来ました。
このアルバムの最初のイメージは「あれっ?」でした。
良いとか悪いとかじゃなくて「今度のアルバムのイメージは」って自分の頭の中で作っていたイメージとズレが大きかったのだと思います。
で、今もこのアルバムのイメージは「最初のイメージがアレッ?だったアルバム」と言う感じです。
ここから後の彼らを知らないので何とも言えないのですが、その辺りも彼らのせいじゃなくて、こう言ったタイプの音楽を聴かせてくれる人が、周囲から消えたからなのです。
[2009/11/03 20:47] URL | falso [ 編集] | TOP ▲
>fさん

何となく、その「あれっ?」って感じが分かるような気がします。
ニュアンスは違うかもしれませんが、自分にとっても「あれっ?」なアルバムでした。

聴き直してみると、全然悪くはないんですよね。
でも、興味が継続する感じではないという。
単に、自分が求めてないだけだと思いますが。
[2009/11/03 21:15] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
pio様>

こちらでは久しぶりです。

前に自分の所で書いた事がありますが、
Blood~とCalifornicationはセットで聴かないと。
ずっと、そんな事を思っています。

あなたには散々言ったから、
それ以上はもう書かないけれど(笑)。
[2009/11/03 21:34] URL | kikka [ 編集] | TOP ▲
>kikkaさん

どうも、お久しぶりです。

>セットで

そうなんですかね~。
どうもこっちにはそこまで思い入れを持てないのです。
まあ、冷めている時に聴くと、そんなもんです。(笑)
[2009/11/03 21:43] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1236-a2971619
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。