スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
響き
TOP ▲
Zekatsuma Akustik Trio: リンデンバウム・セッション

Zekatsuma Akustik Trio
11/09/09 Pit Inn - Shinjuku, Tokyo, Japan


先月から今月の頭に掛けて、風邪を引いて体調を崩していたので、見たかったライブをいくつか諦め、しばらくおとなしくしておりましたが、久しぶりにピット・インへ。
1年と1ヶ月ほど前に見て、その翌日(だったかな?)のライブ録音がリリースされると聞き、いつでるんだろうとずっと思っていたところ、今回のこのライブを知った。
だから、このライブのちょっと前辺りにアルバムもリリースされるんだろうと楽しみにしていたら、既に9月にリリースされていたりして。
チェックが甘かった模様。
ともかく、ライブは素晴らしいないようだったし、今月、楽しみにしていたライブのひとつ。

で、中へ入ってみたら、ピアノが真ん中で、客席に対して真横に、そして、南さんの背中側に吉野さんが、その反対側に松風さんが、という配置。
吉野さんが真ん中でちょっと奥かなと予想していたので、ちょっと驚いたし、新鮮。

で、ファースト・セット、セカンド・セット共に、たしか6曲ずつ、すべて松風さんの曲という内容。
まず、曲が格好良い。
松風さんがメインのライブは1度見たきりだし、まだ全然、松風さんの曲に慣れ親しんでいるとはいえないけれど、思っていたよりも憶えている曲があったりして。
特に、ベースのリフが印象的な曲とか。

それと、音の響き。
それぞれの楽器をマイクで拾ってはいるものの、吉野さんはアンプを使っておらず、楽器の響きのみ。
それがとても心地良かった。
ソロ回しもとても滑らかで、ベテランの技(?)を堪能。
松風さんは、マイクを持って人前でしゃべるのがあまり得意ではないようで、簡単な曲紹介程度で、ひたすら、黙々と曲が進行して行くのが、かえって良かったりして。
考えてみると、南さんがもっとも若いというライブも、そう機会はないし、なかなか貴重かも。

という訳で、楽しんできました。
回数を重ねて、よりいっそう深まった演奏も聴いてみたいです。



1月。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/11/10 20:33] | Live | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪今ならむしろこっちの方が | ホーム | そのうち復活したりするでしょうか≫
コメント
piouhgdさん、こんばんは。

実は数日前にピットインのライブスケジュールを持ってきてくれた方がいて、このライブも表紙で見ていました。
来週には内橋2Days何とゲストにUA,その後も佐藤允彦。12月には渋さ知らズに芳垣2Days、何とオリン エヴァンズまで。
よだれを垂らしながらパンフを眺めて深ーい溜息  それに引き換え大阪は……
同時にpiouhgdさんの懐を心配せずにはいられませんでした(笑)。
レポート期待してます!  なーんてね(笑)。
[2009/11/14 02:18] URL | Sonny [ 編集] | TOP ▲
>Sonnyさん

そうなんです。
11月、12月、いろいろあって、大変なんです。(笑)
なので、いくつか諦めたのもあります。
何を見に行ったかは、またそのうちに。
ありがとうございます~。
[2009/11/14 11:17] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1242-50ac59a3
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。