スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
砂を掛けたりとかはしてないそうです
TOP ▲
Kazuhisa Uchihashi

Altered States &UA
11/18/09 Pit Inn - Shinjuku, Tokyo, Japan


内橋さんの生誕半世紀記念3Days、3日目。
2日目も面白そうだったので、もちろん見たくはあったんだけど、最近、どうも3日連続という気分になれず、断念。
8月のひかり祭りには行けず、最後にAltered Statesを見たのが3月だったから、やっぱりこっちを見たかったし。
とは言っても、今回はUA入りということでいつもと違うんだけど。

で、行ってみたら、予想はしてたけど、かなり混雑。
おそらく初めてピット・インに来たんじゃないかと思われる方もいて、隣のライブハウスへ入って行こうとした方も見かけたりして。
1日目もなかなかの混み具合だったけど、それ以上。

で、いつもとちょっと違った雰囲気の中、スタート。
まずは、Altered Statesのみの演奏。
久しぶりなので、嬉しい。
でも、いつものように激しく爆発する場面はなく、内橋さん、ナスノさんともにエフェクトを多用し、徐々に、緩やかに盛り上がるような展開。
とても丁寧に演奏されていたような気がする。

そして、しばらくするとUAが登場。
たまたま通りかかったかのように、ヌッと。
そのまま歌いだすのかと思いきや、Altered Statesの演奏をバックに、挨拶とその日の朝にあった出来事を話しだす。
この話は一体どこへ行くんだろうと聴いていると、何かとんでもないところへ着地。(?)
大雑把に要約すると、紆余曲折あった後、すっきりしたんだけど、尾てい骨が痛くなって空を仰いだ、という話。(??)
アンコールの時の話では、砂とか掛けたりしなかったそうです。(???)
話の流れにそって、演奏でちゃんとアクセントをつけたりしているのが、さすがというか何と言うか、面白かった。

その後、スキャットで演奏に加わる。
おおよそ、予想通りの雰囲気ではあったけれど、前半の3人での演奏が不必要に激しくなることはなかったのは、ここへ繋がるのかと納得。
そんな感じで、40分弱の演奏。
やや短め。

で、セカンド・セットは、UAの曲を、ということでスタート。
最近の作品は全然聴いてないのだけれど、一時それなりには聴いていたので、知っている曲もそれなりにあり、あの曲がこんな風に?という感じで、よく聴いていた頃からすると、今になってこういう形で生で聴くようになるとは思いもよらず。
UAをしっかりとバックアップしつつ、変態性も失わず、のさすがの演奏。
内橋さんのギターはやっぱり多彩だし、ナスノさんの乾いた音とエフェクトの使い分けは格好良いし、久しぶりに聴いた歌ものの時の芳垣さんのドラムは相変わらず素晴らしいし。

一方、バックの演奏がどんなことになろうともブレることなく歌い続けるUAもやっぱり凄いなと思った。
癖のある歌い手さんではあるので好みの分かれるところだとは思うけど、しゃべりの内容など諸々含めて、ただ者ではないことを再認識。
その後、アンコールではテンポの良い(そして、きわどい)おしゃべりとおまけ的な1曲の後、2曲演奏。
わりと長めのセットだった。

終わってみると、やっぱり素のAltered Stetesをたっぷり堪能したいなという気持ちは強くあるんだけど、こういう機会は、しかもこういう規模の会場でとなるとなかなかないだろうし、いろいろと違う面を見ることもできるし、やっぱり面白かったなと思う。
そんな、インプロ歌謡(?)の夜でした。



また、1月。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
[2009/11/19 20:49] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪あんまり良く知らないんですけどね | ホーム | 笑った、笑った≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1248-6aeb17f4
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。