スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
自分で意外
TOP ▲
Maverick A Strike

Finley Quaye
Maverick A Strike


ここのところ、よく知らないんだけど、何だか持っていてあまり聴いてなかったものが続いたりして(ライブの感想を除く)、これもそう。
特に意識した訳ではないんだけど。

フィンリー・クェイの97年作。
多分、ファースト・アルバム、だったはず。
然るべきところではよく知られているのかもしれないけど、どのくらいの知名度があるのか全然知らず。
リリース当時、雑誌で結構評価が高くて興味を持ち、のパターン。

音は、Massive Attackやらなんやら、ダブの影響が強いクラブ・ミュージックなトラックに思いっきりレゲエの影響下にある歌い回しの歌が乗る、というもの。
で、一応、当時、そういう音も少しかじっていたので興味を持った訳だけれど、これはあまりしっくり来なかった。
単純に歌ものがちょっと苦手だったから、というのが大きな理由ではないかと、あまりはっきり憶えてないので、そう推測。
本当に、ただただ馴染めなかった。

そんな感じなので、大した期待があった訳でもなく、何となく目に留まったので聴いてみているところ。
で、これが思いの外、良い。
最近では、クラブ・ミュージックよりの音楽はあんまり、というかほとんど興味がなくて、どこかから聴こえて来ても、良いなと思うのはほんの一瞬、たいてい流れて行ってしまうんだけど、そんな自分が良いと思えたのが、自分で意外。
何がどう良いのかよく分からないけど、何となく心地が良い。
結構、発見、かも、今更。

とは言え、他のアルバムを買い漁ってみよう、というほどテンションが上がっている訳ではないんだけど。
まあ、機会があったら聴いてみたいかな、という程度。
ということは、なかなか他のを聴く機会はないような気がしないでもない。
とりあえず、気が向いた時にこれを聴いてみて、楽しんでみようと思います。



クラゲ。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/11/23 20:47] | Club Music | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪結局は必要としているか、していないかってところ | ホーム | 聴き入りました≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1252-73c9aac5
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。