スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
さりげなく濃い
TOP ▲
Yasuhiro Yoshigaki

芳垣安洋 2Days/Acoustic Jazzset
12/09/09 Pit Inn - Shinjuku, Tokyo, Japan


昨日は芳垣さんの2Daysの1日目へ。
と言いながら、今これを書いているということは2日目は行ってない訳ですが。
ともかく、チューバのギデオン・ジュークスが不参加で、その代わりにバリトン・サックスの吉田隆一さんが参加しているだけで、後は6月の4Daysの3日目と同じメンバー。
あの日の演奏がとても良くて、今年見たライブの中でもかなり印象に残ったもののひとつ。
それならば、見ておかねば、ということで。

まず、セットリスト。
合ってるでしょうか。

Set1:
Moritat
Alabama Song
Tango-Ballad
Call From The Grave/Ballad In Which Macheath Begs All Men For Forgiveness
Unchained Melody

Set2:
The Inflated Tear
Naima
The Look Of Love
皇帝

Encore:
Rabo De Nube

ファースト・セットはクルト・ワイルを中心に、セカンド・セットは芳垣さんのライブを見に行っていれば比較的聴く機会の多い曲を中心に。
前回は、ファースト・セットは田中信正さんとのデュオがメインになっていたけれど、今回はそれがなく、あの時のセカンド・セットの拡大版という趣だった。

ただ、楽器のセッティングが変わっていて、ステージ上にあるのはピアノのみ、普段の客席の2列目あたり間で座席が取っ払われていて、ドラム、ベース、管楽器はそのスペースに。
だから、結構音の印象が変わり、演奏が盛り上がってくるとピアノが聴こえにくかったのがちょっと残念ではあるけれど、前は遠かったベースが聴こえたり、音がグッと凝縮して迫力があったり。
退廃的な雰囲気は前回より減退したように聴こえた、かも。

それとチューバからバリトン・サックスに変わったことで、アレンジも少し変えてあったり、当然音の印象も変わっていたりして、その違いも面白かった。
吉田さんは、以前に渋さ知らズで見たことがあって、演奏面ではなくて黒塗りのバリトンが印象に残っていたという感じだったので、まともに演奏に接するのは初めてに近い。
なかなかの暴れん坊ぶりで、かなりのアクセントに。
先月の芳垣さんと吉田さんのデュオ、見に行くつもりでいて、結局行くのをやめてしまったんだけど、やっぱり見に行っておけば良かったか。
と、今更行ってもどうしようもないけど。

前回聴いた曲も、そうでない曲もどれも良くて、どれも印象に残ったが、Emergency!での印象が強いローランド・カークの曲、かえって意外な"Naima"辺りが特に印象的。
いや、でも、加藤さんの曲も良いし、クルト・ワイルの曲も良いし、かなり選び難い。
アンコールは、前回もやっていたけど曲名が聞き取れなかった曲。
どうにか調べて、シルビオ・ロドリゲスの"Rabo De Nube"という曲であることが分かった。
オリジナルをちょこっと聴いてみたらかなり良い曲だったので、思わずCDを注文。

という訳で、聴いている時には感じなかったけど、結構長い演奏でファースト・セットが終わった時点で既に9時半、最終的には11時近くという濃い内容。
しかも、帰りの電車が途中で止まっているというおまけ付き。
いろいろと楽しかったです。
また、見たい。



3日目の続き。
back-woods song その1
back-woods song その2
back-woods song その3
back-woods song その4
back-woods song その5
back-woods song その6
back-woods song その7
[2009/12/10 21:19] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪どうせ箱に入るんでしょうけど | ホーム | あの1曲がなければもうちょっと聴いてたかも≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1262-1c0a147f
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。