スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
あの曲も聴けて嬉しい
TOP ▲
DSCF5850

David Grubbs/Noel Akchote feat. Otomo Yoshihide
01/16/10 Super Deluxe - Roppongi, Tokyo, Japan


2ヶ月くらい前だった、ピット・インでライブを見終わり、出口を出たらチラシを配っているお兄さんがいて、何気なくもらってみたらこのライブだった。
この時点では、ノエル・アクショテというフランスのギタリストについては名前すら知らなかったんだけど、何しろデヴィッド・グラブスを見ることができるなら、ということでその場で行くことに決める。
東京は2日間あり、1日目の方は大友さんがゲストとして参加、2日目は特にゲストがない、ということでどっちも選び難く、なら週末だし両方行ってしまえ、ということで。

で、その1日目。
場所は、久しぶりのスーパー・デラックス。
大友さんが客席から見て右側、アップライトのピアノが置いてあったのでどうやらグラブスが中央、左側がアクショテ、らしいことが分かる。
どんな風にライブが進行するのか全然分からなかったので、期待しながら待つ。
待ち時間、ちょっと長い。
予約が少なそうな感じだったので、今日は空いているかなと思いきや、立ち見もチラホラ出るくらいの入り。

で、ファースト・セット。
まずは、ノエル・アクショテのソロ。
エフェクトは軽く歪ませるのとトレモロを使う程度、後はアンプのたぶんリヴァーヴのつまみとギターのつまみを頻繁にいじるくらいで、ギターの音色を聴かせるようなスタイル。
なかなか良い響き。
フランスのこういったミュージシャンやシーンのことを知らないので何とも言えないけど、フランスというよりは、アメリカの例えばビル・フリゼールのようなギタリストを思わせるようなところもあった、ような気がする。
聴いているうちに、この曲聴いたことがあるなというのが2、3あり、どうやらカイリー・ミノーグのカヴァー集なんてものもリリースしているらしいので、その辺りの曲な模様。
カイリー・ミノーグの曲をあんまり知らないけど、1曲は確実にそれと分かった。
正直に言うと、ちょっと退屈に感じるところがなかった訳ではないのだけれど、曲そのものを大事に弾いている様子はなかなか面白かった。

続いて、大友さんのソロ。
これはもう、お馴染みの感じ。
ではあるけれど、曲を題材に広げたり、激しく展開したりという感じではなくて、短めに曲そのものを意識したような演奏だった。
他の2人のスタイルを意識してか、今回はそういうテーマで臨んだのかも。
"Song For Che"、エロール・ガーナーの曲(曲名聞き取れず)、NHKの番組(今晩放送のドラマ)のために書いた曲、"Lonely Woman"を演奏。

その後、アクショテと大友さんのデュオ。
ようやく(?)即興らしい演奏。
どちらかがリズムに回れば、片方がリードを取り、と徐々に徐々に詰めて行くような、ゆったりした演奏。
スタイルも対照的で、面白い。

休憩後、セカンド・セット。
(個人的には)いよいよでグラブス。
グレコのレス・ポールを持って登場、というのがちょっと意外だった、かも。
新しいアルバムの曲を、って言ってた、たぶん。
でも、冒頭の部分は聴いたことがある曲で、以前の作品にも収録されている曲だと思う。
わりと長めの5曲くらい演奏したけれど、数曲を繋いで1区切りにしたメドレー形式ではなかったかと思う。
知っている曲もチラホラあったし。
中でも、一番好きな"Guess At The Riddle"参照)の1曲目を聴けた時には、涙が出た、というほどではないけれど、久しぶりにゾワゾワッとした。
よくこんなの思い付くよなという感じの突飛なフレーズも、こんな風に弾いていたのかと分かったり、興味深いし、使うコードなんかも特徴あるし、CDで聴いてたあの声だし、単純に嬉しかった。

その後、全員参加のトリオ。
どうやらグラブスの曲をベースに、両側のギタリスト2人がいろいろ重ねるという感じらしい。
1曲目でのそれぞれかなり色の異なるギターが3本というのもかなり面白かったし、2曲目でグラブスによるピアノと2本のギターによる、ひたすら抑えた演奏も素晴らしかったと思う。
さらにこの後、アンコールでもう1曲。
再び、じっくりと聴いてみたい感じ。
欲を言えば、ピアノをもっと聴いてみたかったかも。

そんな訳で、今年、ちょっと遅めな一発目のライブ鑑賞はこういう感じでした。
そして、今晩、2日目。
また、改めて。



休み。
back-woods song
[2010/01/17 15:50] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪こっちを先に見たかった | ホーム | これから≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1285-a6c5e0bc
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。