スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
8年ぶりになりますね
TOP ▲
Hiroshi Minami

Minami Hiroshi Go There!
01/22/10 Pit Inn - Shinjuku, Tokyo, Japan


もう先週の金曜日のことですが、今年初の南博 Go There!。
今月の12日(だったかな?)にトリオの方のライブがあって、そのライブの後にアルバムのレコーディング予定ということだったので、直前の演奏ってどんな感じになるんだろうと興味津々だったのだけれど結局行けず。
なので、今年初、南さん。

セットリスト。
合ってるでしょうか。

Set 1:
Oracion
The Sea And The Ocean
December
Falling Falling Falling
Barack Obama

Set 2:
Serene
Tears
白鍵と黒鍵の間に~プロローグ
Peaceful Destruction
Praise Song

Encore:
Turn Around

で、久しぶりなので、やっぱり楽しい。
でも、南さんがやや体調が悪そうな雰囲気で、若干、演奏面にも影響があったような。
一方、こういう時のMCというのがまた面白く、いつもよりもマイクを手に取る回数が多く、話の内容はあんまり書かない方が良さそうだけど、これもまたライブの楽しみ。
Go There!としての久しぶりのレコーディングの予定もあるという嬉しいお知らせもあり、普段よりも南さんの指示が多かったのは、もしかしてレコーディングを意識してのことか、と想像してみる。
で、調子が悪そうとは言っても、グループとしての演奏は相変わらず濃く、あっという間に終わってしまったファースト・セット。

セカンド・セットでは、冒頭で水谷さんのベースがギシッという音とともにチューニングが狂うという事態に。
でも、演奏しながら音を確認し、修正して行くという様子が見ていてとても面白かったし、さすがというか、感心するばかり。
最近またお馴染みになった朗読を含め、やはりあっという間に終わってしまったセカンド・セット。

アンコールでは、南さんと水谷さんのみが登場。
静か目の曲か、という予想を裏切り(?)、デュオでの選曲としてはちょっと意外なオーネット・コールマンの曲で締め。
デュオでこういう曲もなかなか楽しい。

と言う訳で、今年初のGo There!を堪能。
新しいアルバムを待つと言う楽しみもでき、嬉しい限り。



フサフサ。
back-woods song その1
[2010/01/25 19:54] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪それぞれ症状が異なります | ホーム | こんな時代も≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1290-e901808f
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。