スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
やっぱり予習にはならなかったけど
TOP ▲
John Abercrombie

John Abercrombie Organ Trio
02/06/10 Cotton Club - Marunouchi, Tokyo, Japan


という訳で、ジョン・アバークロンビーのライブへ。
今回は、オルガン・トリオ、だそうで、ドラムにアダム・ナスバウム、オルガンにゲイリー・ヴェルサーチ。
今回、初めて知りました方々。
前回書いた通り、興味はあったけど、行くつもりはなかったけど、友人にお誘いを受け、行ってみることに。
ファースト・セットとセカンド・セット両方とも。
コットン・クラブは、見たいライブが過去に何度もあったけれど、その度に見送っていてまったくの初体験。

5時半過ぎに中に入り、待っていると6時過ぎにアバークロンビーとナスバウムの2人がステージに現れ、もう始まってしまうのかと思いきや、軽くセッティングをしに来たらしい。
決して熱心なアバークロンビー・ファンと言えるほどではないので、最近の姿を知らず、動きがかなりおじいさんといった感じで、想像していた姿とのギャップにちょっと驚いた。
一方、ナスバウムさんの方は、ステージ上から客に話しかけたりと、とても気さくな雰囲気。
なるほど。

で、7時頃、最初のセットのスタート。
スタンダード曲をやったり、オーソドックスなジャズ・ギターとオルガンによるトリオ、といった雰囲気。
と、最初は思ったんだけど、それだけではなくて、徐々に緩やかに盛り上がった辺りで、ちょっとだけロック寄りな雰囲気になったりと、徐々にいろいろな面が現れてくるのが面白い。
アバークロンビーの様子を伺いつつ、的確に引いたり煽ったりのドラムのナスバウムがかなり良い。
結構好きなタイプのドラマーかも。
座った席から、ちょうどオルガンの足下がよく見え、思わず観察してしまったけれど、鍵盤を引きながら足下でベースラインを演奏するのってかなり特殊な作業に見えた。
さりげなくやってるけど、かなり凄い。
心地良すぎてちょっと眠気も覚えたけど、全体的に緩やかで、年季を感じさせる6曲(アンコール含む)だった。

そして、9時半頃、セカンド・セットがスタート。
そして、ファースト同様、緩やかで心地良く、ファースト以上にもっと緩やかだったような印象。
でも、静かながら熱の入り方もファースト以上だったような気が。
息の合い方(特にドラムとの)がまた面白くて、調べてみると、少なくとも作品の上では80年代後半から一緒に演奏しているようなので、それも納得。
ファースト・セットの時よりも後ろに下がってみていたせいもあり、より全体の音が聴きやすかったかも。
ファースト・セット同様、アンコール含めて6曲。
演奏時間は、ファースト・セットよりも長かった。

終わってみると、良くも悪くも(?)ブルーノート系列のライブだなあ(??)と感じるところが多少はあったけれど、素直に言って良かったと思う。
何しろあんな間近で見ることができたし。
作品の方もいろいろと聴きたくなっているところ。



休み。
back-woods song
[2010/02/07 19:39] | Live | トラックバック(0) | コメント(4)
この記事のURL | TOP ▲
≪復習にもならないだろうけど | ホーム | 予習にはならないだろうけど≫
コメント
piouhgdさん、こんばんは。

行かれましたか、羨ましい・・・。しかも2セットですかぁ。コレ観たかったです。

未だ今年に入って一本も観ることが出来ないでいます。全てを逐一チェックしていて馳せ参じたいものが沢山あるのですが、一向に叶いません。その分CD購入に拍車が掛かってしまっています。本当はライブとの比率を均等にしたいと思っているのですが。

個人的には外タレを観ることが殆どなので、コットンクラブではかなりの本数を体験しているのですが、pioさんのハコの感想ももう少し聞いてみたいところです(笑)。ホントはタップリ演ってくれるピットインなどのほうが満足度も高くて好きなのですが。
[2010/02/07 20:39] URL | ぬどい [ 編集] | TOP ▲
>ぬどいさん

ひょっとしたらどこかにいらっしゃるんじゃないかと、密かに思いながら見てました。(笑)

今回は、いろいろと縁がありまして、見ることができました。
行って良かったと思います。

>ピットインなどのほうが満足度も高く

そうですね、それは一緒です。
何しろお値段が。(笑)
ただ、ブルーノートよりはテーブル席でも座席がゆったりとしていて見やすかったです。
雰囲気は悪くなかったですし。
[2010/02/07 21:04] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コットンクラブ
私もいまだに未体験、コットンクラブ。
ジョンさんは、聴いてはいたけれどまっとうなギターで絶対見たい!って感じではないのは確か。でも見たらいいだろな、と思います。
アダム・ナスバウムと来てたんですね。懐かしい名前。
[2010/02/08 07:26] URL | Mongo [ 編集] | TOP ▲
>Mongoさん

なるほど。
好きなアルバムはあるけど、そんなにたくさん聴いていないので、一度くらい見ておきたいな、という感じでした。
でも、やっぱり見ておいて良かったと思えたので、行って良かったのだと思います。
アバークロンビーだけではなく、他の2人も良かったですよ。
[2010/02/08 07:45] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1299-0e09ab88
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。