スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
1曲ずつくらい少なくても
TOP ▲
リフレクションズ

Kurt Rosenwinkel Trio
03/14/10 Pit Inn - Shinjuku, Tokyo, Japan


サボりますと言ってたにもかかわらず、すぐにライブを見に行ったので、一応更新。
新鮮なうちに。

そんな訳で、カート・ローゼンウィンケルのトリオ。
実は、知ったのは昨年辺りで、しかも聴いたことがあるのが友人から借りたクリス・クロスからリリースされたアルバム1枚だけ。
その上、どちらかと言えば一緒に借りたアダム・ロジャースの方を気に入っていたりして。
でも、気にはなるし、ピット・イン規模で見ることができるなら、ということで行ってみることにした次第。

で、行ってみたら人でごった返していてビックリ。
別になめていた訳ではないんだけど、ここまで人気があるとは知らず。
ただただ、単純に驚くばかり。
座席少なめで立ち見が多いピット・インでのライブは過去に何度か経験してはいるけれど、もしかするとこの日が最も人が多かったかも。
そう思えるほどの混雑具合。

今回は、"Reflections Tour"(でしたよね?)ということで、最新作(でしたよね?)の内容通りにギター・トリオでスタンダードを、という趣向。
なので、何となくではあるけれど、それなりに音の方は想像できる訳で、そういう意味での驚きは少なかったかも。
ただ、ギターのリヴァーヴの掛かり具合やら、丸みのある音でありながら適度に尖っている感じやら、かなり心地がいい。
ゆったりした曲では、より心地良く、スピーディーな曲では白熱し、単にジャズ・ギタリストというだけではないところがちらっと垣間見えたりも、したような気がする。
ファースト・セットでの、曲が進行するにつれスピード感が増す感じが素晴らしかった。

セカンド・セットでは、わりとゆったりした曲の比率が高め。
で、なぜかこちらの集中力が途切れてしまい、他のことを考えながら、わりとボーッと眺めつつ聴いているような状態になってしまった。
というのも、演奏時間がちょっとばかり長くて、贅沢な話ではあるけれど、各セット1曲ずつほど少なくても良かった。
一方で、相変わらずスピーディーな曲になるとスリリングで素晴らしく、こういう演奏を最後に持ってくるだけではなくて、随所に聴かせてもらえると、嬉しかった。

でも、それもこれも、まだカート・ローゼンウィンケルというギタリストのこともそれほどよく知らず、作品もろくに聴いていないので、事前に最新作くらいは聴いていれば、もうちょっと違った楽しみができたのかも、と後になってちょっと思う。
演奏そのものは素晴らしかったし。

そんな訳で、まずは最新作とヴィレッジ・バンガードのライブ盤辺りを聴いてみたいな、と思っているところ。
で、機会があるなら、今度はオリジナル曲中心の演奏も聴いてみたい。
そんな感じです。



引き続き、休み。
back-woods song
[2010/03/15 21:14] | Live | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪いろいろ思い出しながら | ホーム | えーと≫
コメント
piouhgdさん、こんばんは。

はじめてご一緒出来たようです。同じく日曜のステージを観ていました。そうそう、凄い人数でしたね。チケピだけで200枚前後売れていたみたいですので、250人くらい入っていたでしょうか。でもウェブ上で判断するに土曜日のほうがさらにお客さんが多かったような感じですね。

個人的にジャズ・ギターのムーヴメントでの現在の最高峰が彼になります。しかもクラブでなくピットインで観れるということで、やっと今年の一発目になりました。おかげで宿泊&始発での帰宅になりましたが。アダム・ロジャースも最高ですね。彼も豊富なスタイルの持ち主ですし、クリス・ポッターのグループでは図太いサウンドで、クリスクロスとは全く豹変しています。

今回のライブはおっしゃられるとおり、近作のアルバムをふまえてのステージでしたので、オーソドックスなスタイルでスタンダード中心に演奏していましたが、やっぱり彼は巧いと思いました。特にファースト&セカンド・セットのラストに演った曲の白熱具合には、すげぇ興奮しました(笑)。

二枚組ライブ・アルバムの "The Remedy" は自分にとってはマストです。その前にはエレクトロニクスを駆使したアルバムが Verve から出ていたりして、昨日のスタイルは彼のごく一部でしかないですから、いろいろと試してみたらいかがでしょうか。
[2010/03/16 01:13] URL | ぬどい [ 編集] | TOP ▲
>ぬどいさん

えー、ほんとですか?
ぬどいさんが見に来るなら土曜日だろうと勝手に考えてまして、気を抜いてました。(笑)
お会いしたかったです。

各セットの最後の曲は凄かったですね。
ああいう感じが、もうちょっと多いと良かったなと思いました。
ただ、仰る通り、いろいろやっている中の1つのスタイルでしょうから、やっぱり作品を聴いてみたいですね。

また、いつかご一緒しましょう。
[2010/03/16 07:46] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1319-9d96637a
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。