スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
邪魔をしないでください
TOP ▲
Matsukaze Koichi Quartet

Matsukaze Koichi Quartet
05/29/10 Pit Inn - Shinjuku, Tokyo, Japan


前から見てみたいと思っていて、何度か行くチャンスはありながら見逃していた松風さんのカルテット。
やっと実現。
今月はライブに行く回数を絞りに絞ったけど、これはととても楽しみだった。
いや、どれも楽しみだったけど。

で、ライブ開始直前になってピアノがセッティングされて、急遽なのかは分からないけど、ゲスト入りになる様子。
どうやら水上聡さん。
水上さんのラクダカルテットに興味があったんだけど、結局未体験のうちに活動休止してしまい、今回、予想外に初体験ということに。

で、スタート。
何やら自然発生的に演奏が始まるような、不思議な感じ。
そして、名前は分からないけど、女性のヴォーカルが加わる。
まずは、マイクなしで。
最初は、まあこういうのも有りか、と思って聴いていたんだけど、徐々に何となく、噛み合っていないと言うか、空気が読めてない感が気になりだし、松風さんのマイクを借りて歌いだした辺りで、結構うっとうしい感じに。
ちゃんと歌えば歌唱力はありそうなんだけど、周囲と対等にやれる「つもりになっている」だけであることに本人だけが気付いてないという。

で、詳しくは書かないけれど、あることがあってヴォーカリストが途中退場。
ここで、すっきりと一気に視界が開けたように。
と思ったのも束の間で、その女性ヴォーカリストが、さすがにステージに上がりはしないものの、ステージ付近をウロウロしたり、声を発したりと、出演者気取りを続行。
これが、セカンド・セットの途中まで続き、これがかなりうっとうしく...。
まだ、ステージ上で歌ってた時の方がましだったかも。

というのも何とか治まり、心から楽しめたのは、セカンド・セットの3曲目辺りの加藤さんの曲から。
この曲は、水谷さんのトリオの時に聴いたけど、とても良い曲。
そして、加藤さん、その水谷さんのトリオではガット・ギターだったので、エレクトリック・ギターは初体験。
噂に違わぬ(?)変態ぶりで、もの凄く格好良い。
外山さんとの変態対決(?)もかなりの見物。
水谷さんのエレクトリック・ベースは、わりと久しぶりだったかも。
相変わらず、とても良い音。
松風さんは、楽曲、演奏ともに、やはり渋い。
水上さんのピアノは、どうだろう。
様子見ながらといった感もあり、少なくとも今回は、何か特別な要素を加えていたようには聴こえなかった。
知るには別の機会を持った方がいいかも。
今回は、初体験だっただけに、純粋な4人のメンバーだけによる演奏が聴きたかったのが正直なところでもある。

で、その4人のメンバーによる演奏が、とても素晴らしかった。
それだけに、諸々、残念。
途中、変な空気にもなるし。
また、別の機会に挑戦。

ライブ終了直後、見に来ていた某大御所が「変なバンド~」と仰ってたのが聞こえたんだけど、その言葉がすべてを表しているような気がする。
もちろん、褒め言葉です。



反射です。
back-woods song その1
[2010/05/30 21:52] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪手抜きメモ2010年5月 | ホーム | 特徴はないです≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1342-d3023c63
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。