スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
次の予習
TOP ▲
ゲストハウスで昼寝 Guesthouse De Hirune

Matsukaze Koichi Quartet
Guesthouse De Hirune


松風鉱一カルテットの2作目。
2005年から2006年にかけてNo Trunksで録音、だそうです。
先に聴いていたもう1枚が気に入っていたので、こっちも聴かねばと思いつつ、何となく買いそびれていたけれど、先月やっと見ることができそうだったので、さらに予習すべくGo There!を見に行った時に購入。
「ゲストハウスで昼寝」というタイトル、ずっと不思議に思ってたんだけど、ライナーを読んで納得。

雰囲気は、最初のアルバムから大きな隔たりがある訳ではないけれど、なんでこんなことができるんだろう?という演奏の連続。
シリアスだったり、ユーモラスだったり、緊張感でピリピリしていたり、どこか緩かったり、正反対の感じが一遍に同居しているような不思議な感覚。
それもこれも、曲の良さがあってのこと。
で、さらに演奏者それぞれの解釈が面白いし、凄いし、独特の間合いと一体感。

それを体験したくてライブに足を運んだ訳だけれど、先日は、ちょっと残念なことになってしまった。
だからか、予習というよりは、復習をするかのように両方のアルバムを聴き入っているところ。
で、聴けば聴くほど、面白くてハマっているところ。
きっと次の予習になるはず。



また反射。
back-woods song その1
[2010/06/01 20:33] | Jazz | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪気合いは感じるけど | ホーム | 手抜きメモ2010年5月≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1344-8da41634
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。