スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
年内にあと2、3回お願いしたい
TOP ▲
Yasuhiro Yoshigaki

芳垣安洋4Days/Emergency!
06/10/10 Pit Inn - Shinjuku, Tokyo, Japan


今週の水曜日から始まっている芳垣さんの4Days。
思い切って4日間全部行ってみようかと思ったけど、水曜日のAccoustic Jazzsetは単純に都合が悪くて断念。
見たかった。

で、2日目のEmergency!。
かなり久しぶりだし、ずっと見たいと思っていたので、他の日が行けなくなってもこれだけはどうしても、という感じで何の迷いもなく行くことに。
予定がぶつからなくって良かった。
そう言えば最後に見たのはいつだろうと思って調べてみたら、3年前の芳垣4Days
ということは、Emergency!を初めて見た時。
ということは、見るのはこの日で2回目。
ほとんど同じメンバーながら、水谷さんではなく、船戸さんがベースを弾くMultikultiを2度ほど見ているので、もっと見た気になっていたけれど。

そして、セットリスト。

Set 1:
Sing Sing Sing
Re-Boptizum
The Inflated Tear
Better Git Hit In Your Soul

Set 2:
Fireworks In Toshimaen/Run And Run
Fables Of Faubus
I Say A Little Prayer

Encore:
Good Night

曲は取り立てて目新しいものはなく、セカンド・セットのFireworks/Run And Runを生で聴いたのが初めてというくらいで、Emergency!とMultikultiを併せて聴いたことがある曲ばかり。
でも、そんなことはそれほど問題ではなくて、"Sing Sing Sing"が始まり、水谷さんのベースの、例えばGo There!やBozoなどのアコースティック・ジャズの時とは違う質感の音を聴いただけで、まず嬉しい。
そして、楽しい。
そして、やっぱり凄くて、嬉しい。
で、楽しい。

見ているこっちも楽しければ、演奏している側も久しぶりに楽しんでいるようにも見え、ロックやらジャズやらいろいろな音が交錯したり、荒っぽさもあれば、集中力もあり、ただ圧倒される。
毎度のことながら。
あまりにもストレートに格好良く、凄いので、もうあんまり書くことないです。
強いていえば、あと2、3回くらい年内にライブやってください、ということくらい。
という訳で、堪能。

で、今これを書いているとうことは、3日目は行ってないです。
もちろん見たかったんだけど、連日というのがちょっと辛く、初体験となるVincent Atmicusを優先させた結果。
こちらも楽しみ。



今日は去年の2月で。
back-woods song その1
[2010/06/11 22:38] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪こちらも年内にあと2、3回お願いしたい | ホーム | ストレート≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1349-17296039
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。