スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
タイミングを外しています
TOP ▲
Labor Days

Aesop Rock
Labor Days


もうひとつ、Company Flow周辺で。

同じくDefinitive Juxからリリースされたエイソップ・ロックの2001年作。
1枚目なのかと思っていたけど、調べてみたら3枚目らしい。
なるほど。
で、これは何だかあんまりピンと来なくて、聴いた覚えがあまりない。
こういう音に興味がなくなりつつあったというタイミング的なこともあるし、これを聴いてなんかもういいかなという気にもなり、この周辺でちょっと興味を持っていた他のアーティストを結局聴かずに終わってしまったりして、今思うとそのきっかけにもなってしまったような、そんな1枚、だったような気がする。

久しぶりに聴いてみたら、同じレーベルからリリースされたCannibal Ox参照)と比べると、Company Flowの影響が少なくて独自性があるな、と思った。
それもそのはずで、El-Pがプロデュースした訳ではないらしい。
そのくらい、このアルバムについて今まで知らず、単に買って聴いてみて確認して終わっていた、ということでした。

それはともかく、ラップも個性的だし、ダークな音も嫌いじゃないし、悪くはないと思う。
ただ、やっぱりどこかピンと来ないところがあって、自分としてはこれを進んで聴くという必然性がないような。
単に今現在こういう音に興味を持っているかどうかというだけなんだけど。

そんな訳で、いろいろとタイミングを外した1枚、らしい。



池。
back-woods song その1
[2010/07/22 20:34] | Hiphop | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪このくらいがちょうどいい | ホーム | 共通点はありますが≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1373-742480e1
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。