スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
今回も3本で
TOP ▲
Taisei Aoki

Brassticks
07/27/10 Pit Inn - Shinjuku, Tokyo, Japan


2月 以来、約半年ぶりのBrassticksへ。

セットリストはこんな感じ、だったはず。

Set 1:
Let's Cool One (Thelonious Monk)
築山 (Taisei Aoki)
Monk's Mood (Thelonious Monk)
Monk's Dream (Thelonious Monk)
Favela (Antonio Carlos Jobim)
Moritat (Kurt Weill)
One Note Samba (Antonio Carlos Jobim)

Set 2:
If You Never Come To Me (Antonio Carlos Jobim)
One Morning (Taisei Aoki)
Brilliant Corners (Thelonious Monk)
Rhythm-A-Ning (Thelonious Monk)
Hackensack (Thelonious Monk)
Colombian March (Taisei Aoki)

Encore:
Indigo May (Taisei Aoki)

クルト・ワイル祭り(?)だった前回、前々回と比べると、クルト・ワイルは1曲のみ。
今回は、モンクの曲がグッと増え、ジョビンと青木さんの曲がちょっと増え、という感じ。
ちょっとずつ選曲を変えながらも、雰囲気はいつも通り。
この雰囲気(MC込み)が好きで、いつも見に行っている訳です。

前回と同じような感想になるけれど、毎回やっている曲は、増々アンサンブルが充実しているような。
柔らかい感じから、鋭い感じまで、で、芳垣さんのドラムが鋭く切り込んだり、とか。
ファースト・セット最後の"One Note Samba"は、ストレートで格好良い。
それとアンコールの"Indigo May"、終わり方がとても好き。
モンクの曲が多いのも嬉しいけど、青木さんの曲ももっと聴いてみたい、とこれも毎回書いているよう長するけど、そう思う。

そんな感じで、次回も期待。



太陽。
back-woods song その1
[2010/07/29 22:03] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪手抜きメモ2010年7月 | ホーム | たぶん、以上です≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1376-9a3279ac
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。