スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
往復はがきも出してみるもんです
TOP ▲
Altered States

Altered States with Guests plays King Crimson
08/08/10 NHK 509 Studio - Shibuya, Tokyo, Japan


一昨年のChicagoを最後に、しばらく鳴りを潜めていた(?)Altered Statesの再現プロジェクト(?)がNHK-FMの番組の一環という、こんな形で復活。
ということで、今までそんなことは一度もしたことがなかったんだけど、観覧希望の往復はがきを出し、無事当選。
でも、はがきを出していた周囲の人達は皆当選したので、外れた人はいないっぽい。
それでも、やっぱり嬉しい。

で、どのアルバムをやるのかは発表になっていなかったけど、今までの傾向と編成からすると多分あれだろうな、と思っていたら、当日、番組の放送中に言及があったらしく、やっぱりこれ丸ごと。

In the Court of the Crimson King

スタジオへ入ってみると、何もかもが初めてなので、とても新鮮。
事前にスタッフから注意事項などの説明があり、いつもライブハウスで感じるのとはまったく異質な緊張感。
なにしろ生放送だし。
で、メンバーが登場すると、出演者にとっても同様らしく、ライブハウスでの演奏時とはまったく違った緊張感がある様子。
ピリピリとしたムード(嫌な感じのではないです)がこっちにも伝わって来て、さらに緊張。

そして、もちろんあの曲からスタート。
芳垣さんが珍しく、ツー・バスのロック仕様のセットでドスン、という感じで、ナスノさんがアンペグのアンプで重低音。
この安定感と外さない感じは、改めて凄いと思った。
これを聴けただけで、まず満足。
で、内橋さんのソロに続く、塩谷さんと吉田さんによる乱れ吹き(?)、特に吉田さんの暴れん坊っぷり(?)が凄かった。
ヴォーカル参加のお2人もなかなか良い感じで、今までのこのシリーズ(?)の中では一番良かった。
岡本さんによるメロトロンの再現も素晴らしい。

で、曲はもちろんアルバム通りに進み、A面とB面の境目もきっちり再現。
このアルバム、CDを持っていないため、長らく通して聴いておらず、結構細かいところを忘れていたし、そういえばこんなだったな、と思い出しながら演奏を聴いてたのだけれど、細かいところがどこまで再現されていたのかってのは、かなりの再現度であることが何となく分かる程度。
どう聴いてもAltered Statesそのまんまなパートもあったし。
でも、そんなことは抜きにして、演奏そのものに圧倒され、ただひたすら楽しい。

いい加減、CDを買おうかな、と毎回のように思うんだけど、まだどれも実現してなかったりして、でも、これは本当に買おうかなと思っているところ。
これだけで終わってはもったいないなと思っていたら、どうやら11月にPit Innでの再演があるらしく、しかも演奏時間はもっと長いから、これに何がプラスされるのか、いろいろと楽しみ。

これは良い体験でした。
行ってみて良かったです。



太陽続き。
back-woods song その1
[2010/08/10 20:39] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪的が絞られてたけど、幅も広かった、ような気がします | ホーム | アメリカですか≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1381-8bc19af4
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。