スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
ピアノはヤマハです
TOP ▲
From me to me

Minami Hiroshi Go There!
08/20/10 Pit Inn - Shinjuku, Tokyo, Japan


1ヶ月とちょっと振りに南博Go There!です。
2度目の新作参照)リリース記念ライブということで。

セットリストは、こんな感じだったでしょうか。

Set 1:
Serene
Falling Falling Petals
Barack Obama
December, December
Window In The Sky

Set 2:
Tears
Angie Dickinson
Sakura
Sea And The Ocean
Peaceful Destruction

Encore:
Blue Monk

1曲目は、新作には入っていない"Serene"からで、最初はやや流れがぎこちないかなという感じも。
でも、曲が進むにつれ、徐々に軌道修正、軽やかに。
ライブハウスが違うからというのも大きいけれど、前回のライブとはまたちょっと趣が異なったかも。
こういうところがやっぱり面白いので、極力毎回見たくなるという訳です。
そして、"Barack Obama"の後、曲紹介とアルバムの宣伝を兼ねて毒をまき散らし(?)、"December"から"Window In The Sky"ヘ。
水谷さんと芳垣さんの組み合わせってなんて凄いんだろう、と"Window~"を聴く度に思う。

セカンド・セットは、しゃべりもなく、ダーッと一気に駆け抜ける感じに。
静かに始まり、"Angie Dickinson"で盛り上がり、また落ち着きラストと向かって大きくうねるような。
聴いている間はそう感じなかったけれど、あっという間に終わってしまった。
"Angie~"の後半、激しくなる展開はとても格好良いです。

で、アンコールは何をやってくれるんだろうと思っていると、芳垣さんのドラムから、"Iko Iko"のような感じでリズミカルにスタート。
最初は何の曲だか分からず、南さんのピアノでようやく"Blue Monk"と気付く。
そのくらい、大胆なアレンジに。
こういう終わり方も、結構少ないかも。

今回は、リリース記念とあってか、なかなかの盛況で、座席も前の方からビッシリ埋まって行くという、最近ではちょっとなかった光景も。
普段から、このくらい入ってもおかしくないような演奏が毎回繰り広げられてるんですけどね、とちょっと思います。
それと、ここのところ、ほぼ曲目が固定化されているので(アルバムがリリースされてるんで当然ですが)、そろそろ最近やってない曲なんかも聴きたいなと思う今日この頃でもあります。

次回も楽しみに。



引いてみます。
back-woods song その1
[2010/08/21 21:43] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪雑誌のタイトルにもなってますね | ホーム | この次くらいは聴いてみてもいいかも、とちょっとだけ思います≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1387-33ce8f4b
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。