スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
期待していたのはこれです
TOP ▲
Matsukaze Koichi Quartet

Matsukaze Koichi Quartet
09/02/10 Pit Inn - Shinjuku, Tokyo, Japan


ちょっと間が空いてしまったけど、先週の木曜日。
5月に初めて見に行った時には、噛み合なかったゲストのおかげで、妙な印象が残ってしまったので、またの機会に改めて見に行こうと思っていた松風さんのカルテット。
今回はゲストが入りませんように、と願いつつ。

4人がバラバラに、全然違う方向に進んでいるんじゃないかという時もありながら、不思議な一体感もあるし、普通ではあり得ないような妙な間が、埋められることもなく、演奏の一部として自然と存在しているようだったり。
松風さんが抜けたトリオ状態では特に、この演奏でベースラインをキープするのは凄く大変そう、という時があるんだけど、そこはさすが水谷さん。
水谷さんと外山さんという組み合わせなので、バンドの成り立ち方が、強いていえばBozoに似ているところもあるけれど、当然ながら雰囲気がまったく違うのも面白いところ。
さらに、加藤さんのギターが、見ていても聴いていても面白くて、音の選び方とか、唸るばかり。
そして、松風さんの楽曲はとても耳に残りやすくて、そんな中でこんなメチャクチャなことが静かに行われている(?)のが、さらに面白く。

という訳で、これが期待通り、いや、期待以上で、とても素晴らしかった。
すっかり足が遠のいているNo Trunks辺りで見たら、また違った面白さがありそう、とは思うんだけど、なかなか。
でも、また見に行くことは確かです。



カメ。
back-woods song その1
[2010/09/05 20:48] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪一応需要はあるらしい | ホーム | 手抜きメモ2010年8月≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1395-98ddbf6e
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。