スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
せわしない
TOP ▲
Richard D James Album

Aphex Twin
Richard D. James Album


続いて、96年作。
この頃になると、こういう音楽への興味がやや薄れつつあったんだけど、この人にはちょっと期するものがあり、手に取ってみた、とかそんな感じだったような覚えが。
違うかも。

で、聴いてみて、やっぱりそんなタイミングで聴いただけに、内容がどうこうではなくて、あまり聴き込まずに終わった、と思う。
なので、前作参照)同様、インパクトのあるジャケットは忘れようもないんだけど、内容の方はあまり印象に残っていなかったのが正直なところ。

で、久しぶりに聴いてみて、すっかりドラムンベース化(ほとんどSquarepusher化?)した1曲目を聴いて、そういえばこんなだったのと思い出した。
聴き進むと、細かいところはさておき、意外といろいろと覚えていたり、歌(本人だっけ?)が登場した時には、リリース当時結構話題になってたようなことをかすかに思い出したり。
記憶に残っているよりは、それなりに聴いていたらしい。

で、リズムがかなり忙しくなっているので、格好いいところもあるけど、ちょっと疲れるな、と思った。
でも、もう1度聴いてみると、忙しいリズムを覆うようなメロディが際立つところがあって、結構良いかも、と思った。
やっぱりせわしないので、聴きたいと思うことは少ないかもしれないけど。
ただ、アルバム1枚として、長過ぎない(どころかかなり短め)なのが良い。
これが70分超えてたりすると、今となっては少々辛いかも。
いや、以前でも辛かったと思う。
そんなこんなで、聴き込まなかったものなので、期待は薄かったけど、なかなか良かったアルバムでした。

で、Aphex Twin名義の作品は、ここまでしか聴いてないので、これ以降どうなっているのか知りません。



飽きずに太陽。
back-woods song その1
[2010/09/17 20:44] | Club Music | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪このくらいが落ち着きます | ホーム | 体調を選ぶかも≫
コメント
僕が唯一持ってるのがこれです。もう何年に一回聴くかというレベルの頻度ですが、確か前回聴いた際には嫌いではなかった気がします。という程度なので、この記事を機会に聴き返してみます。棚卸促進記事ありがとうございました。
[2010/09/18 01:45] URL | yas [ 編集] | TOP ▲
>yasさん

お役に立てて何よりです。(笑)
今現在、こういうのに興味を持っている訳ではないので、俺もやっぱりほとんど聴きませんね。
でも、たまに聴いてみると面白いです。
[2010/09/18 09:33] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1402-9fdb4a0b
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。