スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
わりと良いんです
TOP ▲
Emit Ecaps

Spacetime Continuum
Emit Ecaps


デトロイトを離れ(というのも、後はコンピレーションの類いしか持ってないから)、こんなところへ。

Spacetime Continuumの96年作。
こんなところへ、なんて書いたけど、このアーティストのことは何ひとつ知らなくて、当時CD屋で見つけて、ジャケ買いしただけ。
ジャケットは確かにこの画像の通りだったと思うんだけど、それが何やらきれいな袋というか、容れ物というか、ともかくビニール製(?)のケースに入っていて、それが目に付いたという、本当にそれだけの理由。
以前は、Spacetime ContinuumとEmit Ecapsのどっちがアーティスト名で、どっちがタイトルかさえ分からなかったほど。
そして、これが、ジョナ・シャープ(でいいのか?)なる人物によるものであることを、今さっき知ったばかり。
アルバムも何枚かあるらしい。
なるほど。

で、これが最初は、まあこんなものか、とそんな感じ。
でも、何曲目だったか、ウッドベースで弾いたような音のベースラインの曲があって、それがちょっと引っかかり始めた。
それから、深くハマったというほどではないんだけど、通して聴いていて何となく良いなと思うように。
そんな、わりと印象の良い1枚。

久しぶりに聴いてみると、まあ、以前と同じような印象で、やっぱりあのベースラインの曲が良くて、そこから何となく聴いて行くような、そんな感じ。
もともとドラマーで、ジャズなんかの心得もあるらしく、そういった下地がちょっと感じられるような気も。
なるほど。
派手だったり、大胆だったりするようなこともないんだけど、自分としては聴くのにちょうどいい。

それなりに好きなものなので、それほど書くことも思い付かず、こんなところでしょうか。



まだ、太陽。
back-woods song その1
[2010/09/27 20:34] | Club Music | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪奥行きがあります | ホーム | 昨日思い出しました≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1410-8ec76159
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。