スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
残念ながら
TOP ▲
我




続いて、99年作。
DJ HideとDJ Sakとのユニットによるアルバム。
とか書いているけれど、DJ Krushを含めたDJ集団によるアルバムということは覚えていたけど、誰と一緒だったかまでは覚えていなくて、今さっき調べたところ。
というのも、これはサラッと聴いただけで終わってしまったから。
当然、内容の記憶もほとんどない。
なぜあまり聴かずに終わってしまったのか、うろ覚えだけど、タイミング的、時期的なこともあったし、単純に聴いても入ってこなかったから、だったと思う。

なので、かなり久しぶりに聴いているところ。
Boss The MCが参加してたりして、あれ?そうだったっけ?そういう感じだったっけ?、というくらい印象が残っていなかった。
Boss The MCも、一応、Tha Blue Herbを聴いたりもしたけれど、自分としては若干微妙な存在。
もしかしたら、あまり聴きこまかったのは、そんなことも理由のひとつだったのかも。
そして、尺八など、和の楽器を使った曲がいくつかあって、それについては、ああ、そう言えばそうだったった、とちょっとだけ思い出したりも。
レゲエっぽい曲では、こんなのあったっけ?、とまるで記憶なし、な感じ。
ヴォーカル曲では、うーん...。

曲に関しては、いろいろと趣向が凝らされていてとても良くできているし、好きか嫌いかでいえば、好きな範疇に入る曲も少なくないんだけど、音の質感がカラッとしているというか、分かりやすいというか、好みでいえば少し物足りなさがあるかも。
聴いても入ってこなかったのは、これが一番大きな理由な気がする。
実際、今も聴いていてもちょっと耳に残りにくかったりするし。
加えて、上記の通り、少し苦手なところもあったり。

そんな訳で、悪くはないんだけど、自分としてはそれほど積極的に聴く必然性が感じられない1枚。

で、これが気に入らなかったから、と言う訳ではなかったと思うんだけど、次のアルバムがリリースされた時には、買おうと思いつつ、いつの間にか忘れてしまっていた。
Company Flowのメンバーがゲスト参加していたりして、興味はあったんだけど。
だから、聴いたのはここまでです。



そろそろ終わり。
back-woods song その1
[2010/10/15 20:34] | Hiphop | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪まだまだ聴き入ります | ホーム | 広がっていたり深まっていたり≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1420-de20287f
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。