スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
膨大です
TOP ▲
The Story of An Artist

Daniel Johnston
The Story Of An Artist


いつの間にかリリースされていたダニエル・ジョンストンの6枚組ボックス・セット。
中身は、81年から83年にリリースされたカセット作品の内の6つをCD化したもの。
アナログもあるらしい。

以前、ドキュメンタリー映画を見て、未だに手作りされているというカセット作品を聴いてみたいなと思い、買ってしまおうかと考えたんだけど、カセットだとなかなか聴かないだろうし、ちょっと躊躇していたところ、オフィシャル・ストアではそれらをCD-R化したものを売っていて、それを買おうということに。
したのはいいんだけど、なかなか決心がつかず、結局未だに手に入れていなかった。
で、このボックスがリリースされていることを知ったのが、つい2、3週間前。
最近、CDを買うのはちょっと押さえているんだけど、思わず注文してしまった。
6枚組にしては安かったし。

で、実はまだ全部聴いてないんだけど、今日1枚聴いてみたらその雰囲気に妙にハマってしまい、ちょっと間隔を置きつつ、もう1枚、さらにもう1枚と続けて聴いてしまっているところ。
まだ、どのアルバムがどう、とか、どの曲がどう、とかいう段階ではないけれど、数年前にCD化されたカセット作品参照)を聴いているので、内容や雰囲気は聴く前から想像がついていたし、聴いてみても想像通り。
カセット作品なので録音状態も良くないけれど、とにかく、膨大な量で、そのテンションやら集中力やらに驚くばかり。
訳の分からない曲もあるけど、ハッとするようなメロディーも多数。
誰が聴いても納得するような内容じゃないとは思うけど、何かいろいろ超越しちゃってるなあ、という感じ。
こうなるともう一気に残りの聴いていないアルバムも聴いてしまいたくなるけど、それは後日のお楽しみに。

新しいアルバムはまだ聴いてないし、その他にも聴いていないのがたくさんあるんだけど、残りのカセット作品もこうやってリリースしてくれると嬉しい。



そろそろ終わり。
back-woods song その1
[2010/10/17 20:47] | Rock | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪ベースを聴いています | ホーム | まだまだ聴き入ります≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1422-8c86c11b
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。