スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
ベースが変わっちゃったんですよ
TOP ▲
Mezcal Head (Exed) (Reis)

Swervedriver
Mezcal Head


ちょっと間が空いたけど、93年のセカンド・アルバム。
最初のアルバム参照)は、多少時間はかかったけれど、後々になってもたまに聴きたくなるほどに気に入っていたので、このアルバムがリリースされた時には結構期待していた、ような気がする。
うろ覚え。
で、聴いてみたら、前作から2年経っていて、今更シューゲイザーでもなかろうという具合に(?)音作りと雰囲気が変わっていて、それは良かったんだけど、残念ながらベーシストが交代していて、ベースの音が妙に普通というか、モッサリしているというか、まずそれが気に入らなかった。
その後、何度か聴いてみても、印象に残る曲はあっても、全体的にはあまり耳に残らず、結局ハマることはできなかった。
そんなアルバム。

改めて聴いてみると、音作りがわりと生々しくって、ギターの音も荒々しく、よりロックっぽくなっていて、このバンドの良いところが出ているような気がする。
ベースの音は、やっぱり最初のアルバムの方が好きだし、普通と言えば普通なんだけど、以前感じたほど嫌でもなく。
ちょっと中途半端に感じるところや、若干長く感じられたりもするところもあるにはあるけれど、良い曲はとても良いし、結構聴いていられるなあ、となかなか好印象。

リリース当時ももうちょっと辛抱強く聴いてみれば良かった、かも知れない。
でも、今更行っても仕方がないし、辛抱強く聴いたところで印象変わらなかったかも。
まあ、どっちでもいいですが。
そんな感じです。



御苑。
back-woods song その1
[2010/10/25 20:29] | Rock | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪7、8年越しで、さらに7、8年越し | ホーム | 今月は結局これだけですが≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1425-db22262e
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。