スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
原風景
TOP ▲
Tossing Seeds (Singles 89-91)

Superchunk
Tossing Seeds (Singles 89-91)


92年にリリースされた、タイトル通り89年から91年のシングルをコンパイルしたアルバム。
90年代前半、Dinosaur Jr.やSonic Youth、Sub Pop周辺のバンドなどを熱心に聴いていた頃、USインディーズの代表的なバンドとして活躍していたこのバンドの作品の中では最もよく聴いていたものだ。
というよりも、当時、"No Pocky For Kitty""On The Mouth"なども聴いたのだが、悪くはないものの、あまりピンと来ず、結局このアルバムくらいしかまともに聴いたなかったというのが本当のところ。
このアルバムに収録されている曲というのが、多分このバンドの最初期の曲にあたり、パンク直系のストレートな、そしてちょっと憂いのあるコード進行にメロディアスなヴォーカルが乗る。
それに比べ、他のアルバムでは、アルバムとしての完成度を求めたためなのか、これといって印象に残る曲がなく、どうも入り込めなかったのだ。

という訳で、もう何年ぶりか分からないくらい久しぶりに聴いたのだが、そのストレートさが良くて、やっぱりこういうのは自分の原風景の1つとして忘れられないなと思った。
どの曲も捨て難いが、1曲目"What Do I"、4曲目"Slack Motherfucker"、6曲目"Garlic"、Sebadohのカヴァーである12曲目"It's So Hard To Fall In Love"と13曲目の"Brand New Love"あたりが特に良い。
友人からは、その後も良いアルバムを出してるなんて話も聞いてて、少し聴かせてもらったりもしたのだが、ヴォーカルの歌い方が変わり、雰囲気も変わっていて、それはそれで興味深い感じではあった。
今、ちょっと調べてみたらこのアルバムの続編のような、91年から95年のシングルを集めたアルバムなんかもリリースされていて、とりあえずその辺から聴いてみようかなんて少し思った。
そのうち、気が向いたら。

[2006/01/06 00:20] | Rock | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪動画も登場 | ホーム | ピアノに注目≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/143-2a72b7f4
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。