スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
ゲスト兼司会者
TOP ▲
Hiroshi Minami

Hiroshi Minami Trio + 1
12/05/10 Pit Inn - Shinjuku, Tokyo, Japan


数日空いちゃいましたが、いよいよ南博3Days、Pianoholic Night Vol.6の最終日。
この日は、普段のトリオ、プラス菊地さん。
菊地さんがピット・インに出演する時はとても混むので敬遠してしまいがちなんだけど、ここはやっぱり見ておきたい、ということで。

で、行ってみたら、やっぱり人が多い。
1日目より2日目、2日目より3日目が人が多い上、それほど大きくはかけ離れてはいないけれど、客の雰囲気がそれぞれ少し異なったような気が。
特に最終日は、菊地さん目当ての方々が多かったような印象。
さすが。
入り具合は、Altered Statesの3Days最終日よりもちょっと少ないくらい。
菊地さんの人気とKing Crimsonの日本における人気が同じくらいであることが分かりました。(?)

で、菊地さんが入るということで、どんなことをやるんだろう、といろいろ想像。
ベースになるのがトリオだし、やっぱりスタンダードか。
それとも、一昨年ほどではないにしろ、南さんや菊地さんのオリジナルも織り交ぜたりするのか。
多分、ないだろうけど、デュオ参照)路線にベースとドラムが入るなんてのも聴いてみたい。
とか。

で、セットリスト。

Set 1:
All The Things You Are
Passion Dance
Deluge
I Wish I Knew

Set 2:
Pinocchio
On Green Dolphin Street
You Don't Know What Love Is
81

Encore:
Lush Life

多分、合ってると思うんですが。
ともかく、スタンダードばかり。
でも、共通するところはありつつ、普段のトリオとはちょっと趣が違った。
単純にサックスが入っているからということもあるし、2日目と1曲も被ることがない選曲によるところも大きいけど、それだけではなく。
(少なくとも自分は)トリオでは聴いたことがなかった曲が聴けたのも嬉しい。
特に、"Passion Dance"。
単に好きだから、というのもあるけど、この演奏がとても素晴らしかった。
それと"81"が格好良かった。
いや、全編素晴らしかったんだけど。
久しぶりに菊地さんのサックスも堪能。
こういう曲ばかり演奏するというのも、今ではそう多くはない(と言い切れるほど追いかけてないですが)と思うので、貴重な機会だった、かも。

そして、3日間毎日上演された(?)歌舞伎の方もますます磨きがかかり(?)、さんざんしゃべった挙げ句に菊地さんにまとめさせるという、MCの方も絶好調。(?)
危険です。

という訳で、3日間たっぷり堪能。
南さん3Daysであり、芳垣さん3Daysであった訳で、両者のファンである自分にとっては充実した3日間でした。



御苑。
back-woods song その1
[2010/12/08 21:02] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪トイレは直ったでしょうか | ホーム | 強調されます≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1452-c55a3d5d
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。