スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
思った通りなところと、そうでないところと
TOP ▲
minima-GO THERE!remix

Minami Hiroshi Go There!
Minima - Go There! Remix


引き続き、最近ライブ会場で買ったCD。
これで最後だけど。

2002年にリリースされたGo There!のリミックス集。
南さんのリーダー作品(これがそう言えるのかは別として)で、唯一持ってないのがこれだった。
もちろん、ずっと気にはなっていたんだけど、どうもリミックス集の類いとは相性が悪くて、気に入らないことが多いし、クラブ・ミュージック等も今はまそれほど興味があるとは言い難く、なかなか手が出なかったのが正直なところ。
でも、やっぱり聴いておきたかったので、南さんの3Daysの時に購入。

聴いてみると、思った通り、なところと、そうでもなかったところと両方あり、思っていたよりは面白く聴いている。
リミックスに参加している面々は、馴染みがあるとは言い難いけど、少なくとも名前くらいは知っている人達ばかり。
やっぱり最近の好みとしては、露骨にクラブ・ミュージックっぽいものよりも、そうではないものに惹かれる。
クラブ方面にも関わって入るけれど、ジャズ・ミュージシャンである菊地さんのリミックスだとか、Combo Pianoの人によるリミックスだとか、序盤ライヒっぽくなっているリミックスだとか。
ただ、自分の場合、Go There!を好きでライブを見に行っている理由のひとつが芳垣さんのドラムな訳で、それがオミットされがちなのが、リミックスなんで仕方がないと分かりつつ、やっぱりちょっとものなりなかったりもするんだけど。

でも、思っていたよりは聴き応えがあって、なかなか新鮮だったので良かったです。
と言いつつ、続いてこれを再生中。



去年の2月。
back-woods song その1
[2010/12/21 20:10] | Jazz | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪この先はほんとにどうなるんでしょうか | ホーム | 例えようがない≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1458-93cd0607
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。