スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
贅沢です
TOP ▲
ヴィンセントI

Vincent Atmicus
Vincent I


最近、ライブ会場で買ったCD、Go There!のリミックス参照)で最後とか書いたけど、これがあったことを思い出し、引き続き。

芳垣さん率いるVincent Atmicusのファーアルト・アルバム。
2002年のリリース。
前々から買おう買おうと思いつつ、買いそびれていて、ようやく先日のVincent Atmicusのライブの時に購入。
3枚のアルバムを一気に買ってしまいたい衝動に、ほんのちょっとだけ駆られもしたんだけど、一遍に買うとそれぞれの印象が薄くなることもあるし、ここは順番にじっくり楽しもうということで1枚だけ。
懐具合の問題でもありますが。

聴いてみたら、思った通り、何だか凄いことに。
いろいろなものが、取って付けたようなところがなく、ごく自然に同居しているような。
混沌としていると言えばそうなんだけど、それがうやむやになってなくて、しっかり成立しているような。
菊地さん入りとなると、今ではこのCDでしか聴けない訳で、サックスが入るとジャズっぽさが加わったりするのも面白い。
もっと早く聴いておけば良かった、とも思うんだけど、この周辺の人達のライブを見に行くようになった5年ほど前に聴いたとしても、多分ここまで楽しめなかったんじゃないかと思うので、聴くタイミングとしては今で良かったかも。
いや、でも、もうちょっと早くても良かったか。
ともかく、メンバー的にも音楽的にもとても贅沢だなと思いながら楽しんでいるところ。

で、最近ライブ会場で買ったCDはこれで終わり、と思いきや、先日の大友さんのライブでまた増やしちゃったので、もうちょっとじっくり聴いてから、年明けにでも。



花。
back-woods song その1
[2010/12/29 21:17] | Ethnic | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪手抜きメモ2010年12月 | ホーム | この先はほんとにどうなるんでしょうか≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1460-236792be
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。