スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
明後日出ます
TOP ▲
TUNDRA

Korekyojinn
Tundra


さらに続いて、これ。

是巨人のそろそろリリースされるはずの新作。
年末のSardine Headのライブで、もしかしたら吉田さんがゲストで参加するかも、という噂(?)があったので、もしそうなら、リリース前だけどこのアルバムも持って来てたりするんだろうか、持って来てたら買おうかな、などと漠然と考えていたら、本当に持って来ていたので同じ日に発売予定のAcid Mother Templeのアルバムと迷いつつ、こっちを購入。

是巨人としては、まだ2回しかライブを見たことがなくて、なぜかっていうと、格好いいし、凄いし、面白いし、嫌いな訳ではないんだけど、ハイテンションのまま持続する感じが少し疲れるので。
まったく持って、微妙な、ちょっとした好みの問題。
でも、ナスノさんはもちろんのこと、鬼怒さんや吉田さんの演奏に接する機会を持ち、さらに昨年の夏に吉田さんがSardine Headのライブにゲスト参加した時に是巨人の"Arabesque"を購入して聴いているうち、その辺が徐々に解消されて来て、相変わらずライブは見に行ってないものの、とても興味を持っているところ。

で、やはりハイテンション。
三者が同じレベルで入れ替わり立ち替わり、しかもしっかり一音一音演奏されていて、それが持続。
で、ここでは、かなり難しいことが行われているんだけど、そんなことを気にせずとも楽しめるダイナミックさも素晴らしいところ。
さらには、サラッといろいろな音楽がさりげなくというよりも唐突に顔を出したりする幅広さとか。
個人的には、音がギチギチに詰まった音楽って少し苦手なんだけど、これは妙にクセになるところがある、と思えるようになった今日この頃。

やっぱりライブでしょうか。



御苑。
back-woods song その1
[2011/01/10 13:50] | Rock | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪作曲者に聴かせてみたい | ホーム | 5年も経ってました≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1466-c8b6c38a
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。