スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
欲を言えば全体を見たかった
TOP ▲
Yoshihide Otomo

Otomo Yoshihide
02/05/11 Inokashira Park - Kichihoji, Tokyo, Japan


最近すっかりサボリ癖がついてしまっているけど、久しぶりに。
さらに時間が経ってしまっていて、先週の土曜日のことですが。

「大友良英 井の頭公園 船上ライブ」ってことで、井の頭公園の池で、ボートにスピーカーを乗せ、大友さんもボートの上で演奏する、というライブがあることを知り、行ってみることに。
吉祥寺はよく行くところだし、無料だし。
公園だから、当然知らずに居合わせる人も少なくないだろうし、どのくらい人が集まるのか、想像つかず。

で、吉祥寺へ中途半端に早く到着したので、途中でコーヒーを買ってそのまま直行してみると、既に結構な人だかり。
こういう場合、どの辺にいればいいのか分からなかったけど、5つ浮かんだボートの真ん中にギターアンプが見えた(残りの4つはスピーカー搭載)ので、その正面辺りにいることにして待機。
たまに後ろを振り返ってみたら、もの凄い人数に膨れ上がっていてビックリ。
周りから聞こえて来る会話から、やっぱりこれを目的を来た人もいれば、人だかりになっていたので加わってみたらしい人も多数、な様子。

そして、待つこと30分強ってところでスタート。
予告通りに日没頃。
遠かったので、どんな機材かまでは分からないけど、何やらアンビエントな雰囲気。
そこに徐々にギターの単音を絡ませ、フィードバックになったり、少しコードを加えたり、とボートの揺れと周囲が暗くなるのに合わせるかのような、徐々に徐々に作り上げて行くような演奏。
もっとノイズが轟いたりするのかな、とも考えていたんだけど、そんなことはなく、抑制を利かせた感じ。
大友さんの乗ったボートの方へ水鳥が泳いで行ったり、後ろで水鳥が飛び立ったり、暗くなる空やら、木のシルエットやら、公園の周囲のビルやら、そんなロケーションと相まって、沁み入って来るような。

序盤では、音に集中したかったんだけど、知らずに見ていた人達が演奏中も会話していて、少々気が散ってしまったのが残念。
でも、後になって考えてみると、そんなこと含めて面白かったような気がする。
結構、感心しながら聴いていた人もいたり、終了後、「ノイズで30分はキツいわ」と電話で話しながら歩いて行くおばあさんがいたり。
何より、こんなシチュエーションで聴けることはなかなかないし。

欲を言えば、全体を眺めながら聴きたかったけど、わりと前の方で常に大友さんが演奏している姿を見ることができる位置だったので、贅沢は言えません。
楽しかったです。



こちらも久しぶり。
back-woods song その1
[2011/02/08 21:06] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪おもむろに | ホーム | 手抜きメモ2011年1月≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1475-626478f6
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。