FC2ブログ
スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
自由
TOP ▲
Free So Free

J Mascis + Fog
Free So Free


2002年のこの名義としては2作目になるアルバム。
何人かのゲスト参加はあるものの、基本的にはほとんどJマスキスだけで演奏されたそうだ。
"+ The Fog"の意味はあるんだろうか、と思いつつも、そんなところもこの人らしい。
前作、"More Light"では、Dinosaur Jr.の終わり頃の息苦しさのようなものが一掃されたように感じたのだが、このアルバムではもっとそれが進み、いい具合に力が抜けているように思う。
"More Light"では、仕切り直しというか、心機一転のようなある種の気負いみたいなこともあったのだろうかとさえ、このアルバムを聴いた後では感じられる。

そんなことを漠然と考えていたら、買った当時はろくに読んでいなかったライナーを改めて読み返してみて「Dinosaur Jr.の看板が外れた状態がいかに快適か」ということをインタビューで語っていたことを知った。
当時はインタビューなども全然チェックしていなかったからそんなことはまったく知らなかったのだけれど、結構そういう気持ちって音に表れるものだなと思った。
それは音だけでなく、1曲目の"Freedom"に始まり、3曲目の"Set Us Free"、そしてアルバムのタイトルでもある4曲目の"Free So Free"と「自由」という言葉が多く使われていることにも表れている。
このあたりは意識的にそうしているのかもしれないが。
曲の方は、今まで通りこの人らしい曲あり、今まで無かったようなストレートなR&R風なフレーズが出てくる曲あり、とその時に自然に出てきたものを自然に演奏している感じで、インパクトのある曲は無いけれど、とても好感が持てる。

そんな感じだったので、しばらくはこのまま行くのかと思っていたら、去年の4月頃、突然再結成が発表されて驚いた。
わざわざ発表するくらいだから、まさかオリジナル・メンバーで?、と半信半疑でいたら、本当にそうで、再び驚くこととなった。
自由から生まれた余裕によるものなんだろうか。
ルー・バーロウのサイトには、「子供も生まれて生活も変わったし、お金も必要だったから再結成のオファーを受けた」なんてコメントもあったから、まあいろいろと事情はあるのだろうけど、演奏を聴く限り、以前よりタイトになってまとまりのある感じだし、今度の来日は結構期待している。
[2006/01/12 00:30] | Rock | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪月刊グラントグリーン2月号 | ホーム | ごぶさた≫
コメント
昨年『うわっ!観てぇ~』と思ったLIVEの一つでした。
ルーバーロウはメチャクチャええ曲書く人やと思うんやけど、やっぱ売れてないからなんやなぁ~とこの再結成話を聞いて思いました。
[2006/01/12 08:04] URL | kazak [ 編集] | TOP ▲
>kazakくん

おお、コメントありがとう。
ルー・バーロウ、売れてないよね、やっぱり。
すごく才能のある人だと思うけど。
2月の終わりに単独で来日するよ。
名古屋でもやるでよ。
[2006/01/12 09:03] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/148-2c3fb023
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。