スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
ちょうど2年振り
TOP ▲
Sotoyama & Uchihashi

内橋・外山 Duo
05/07/11 Pit Inn - Shinjuku, Tokyo, Japan


週末にパソコンの調子がおかしくなり、メンテナンス中で使うことができなかったので、2日遅れの更新。

先週の土曜日は、内橋さんと外山さんのデュオを見にピット・インまで。
何度も見ているような気がしていたんだけど、今回で多分3度目。
前回は、ちょうど2年ほど前のことで、思いの外、時間が経っている。
で、自分が見に行った過去2回は土曜の昼の部だったけど、今回は土曜日の夜の部。
だから、昼の部の時よりは客が多いかなと予想。
でも、意外なことに、昼の部の時よりも少なかったかも。
なぜでしょう。

それはさておき。
ファースト・セット、セカンド・セットともに45分くらいで照明が暗転し、それを合図にしばらくすると演奏終了といういつもの(?)スタイル。
そして、今回は1曲ずつ。
内容の方は、何しろ内橋さんと外山さんなので、いろいろな音が飛び出す、目まぐるしい展開。
安心して楽しめる(?)スリリングな演奏。
ただ、セカンド・セットでは途中で、若干迷走気味だったような気も。
自分の集中力が途切れたのかもしれないけど。
なので、ファースト・セットの方がインパクトが大きかったし、内容も良かったように感じた。

で、そんな感じではあったんだけど、セカンドでの若干の迷走状態の後、外山さんがピタリと演奏を止め、しばらくすると内橋さんも演奏を止め、ふたりしてじっと動かなくなる場面があり、かといって、曲の区切りという雰囲気でもないという不思議な展開に。
その後、外山さんがスネアのいろいろな場所を小さめの音でロールし出すと、内橋さんもアンビエントっぽい音を出し始め、なかなか気持ちの良い状態に、なったところで演奏終了、なんてことも。
この展開、もうちょっと長めに聴きたかった。
でも、演奏しないという選択があるというのが即興ならではという気がするし、こうして何が起こるか分からないというのも即興ならでは。

で、再び始めると演奏が長くなりそうだから、ということでアンコール無し。
久しぶりだったし、面白いものが見れたと思います。
6月には、池袋の行ったことのない会場でまたライブがあるそうなので、行ければ行きたい、と思っているところ。



休み。
back-woods song
[2011/05/09 21:46] | Rock | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪カンデンスキーがループ | ホーム | 手抜きメモ2011年4月≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1497-513ad688
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。