スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
2度目と1度目
TOP ▲
シャバヒゲ

シャバヒゲ/teneleven
06/03/11 MANDA-LA2 - Kichijoji, Tokyo, Japan


またもや時間が経ってしまったけど、先々週の金曜日。
ずっと見てみたいと思いつつ、ライブがピットインの昼の部だったりして見逃していて、そうこうするうちにあまり活動しなくなってしまっていた、林正樹さんとSardine Headの小林さんのシャバヒゲの久しぶりのライブということで。
さらに、これまた1年とちょっと前に1度見たきりのままずっと見逃していた、さらに凄くなっていると噂の(?)ナスノさんによるtenelevenが共演、ということで、見に行かない訳にはいかず。

まず、teneleven。
基本的な路線は以前に見た時と同じながら、弾いている時も惹いていない時もナスノさんのベースが常に中心にある感じとか、役割分担ははっきりしているんだけど、その境界の曖昧さとか、音の絡まり具合だとか、すべてが一歩も二歩も先に進んでいるし、深まっているような印象。
スケールももの凄く大きくなっているし。
次はどう展開するんだろう?、とひたすら引き込まれた1時間強。
27日のグッドマンも行く予定なので、とても楽しみ。
来年、アルバムのリリースが決まったそうで、そちらも期待しております。

そして、シャバヒゲ。
林さんはピアノにエフェクト類、小林さんは変則的なパーカッションのセットにエフェクト類を使っていて、それぞれのとても「らしい」演奏が絡み合ったり、時には噛み合ってない異様なところもあったりで、それ込みで面白いし、何とも言えない不思議な雰囲気。
このユニットでは林さんはシンセサイザーを使うと聞いていたので、今までピアノしか聴いたことがなかった自分としては、それも楽しみだった。
だから、それはそれでちょっと残念ではあったけれど、ピアノにエフェクトも充分面白かったので、それはまた別の機会に。
そう言えば、前から聴いてみたいと思っていた「素数夜曲」(でいいんでしょうか)、やっと聴けました。

という訳で、まったく違ったタイプのグループ2つを堪能しました。



休み。
back-woods song
[2011/06/12 14:55] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪珍しく池袋 | ホーム | 手抜きメモ2011年5月≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1501-689d5250
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。