スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
珍しく池袋
TOP ▲
Sotoyama & Uchihashi

内橋・外山 Duo
06/14/11 Minami Ikebukuro Music.org - Ikebukuro, Tokyo, Japan


今週の火曜日は、内橋さんと外山さんのデュオ。
先月見たばかりで、こんな短い間隔でこのデュオを見るのは初めてだけど、池袋というのが行きやすいところだし、初めて行く店なので、そんな興味もあり、行ってみることに。
池袋でライブというと、何年か前に南さんのトリオを見に行くつもりが、急用で行けなくなったなんてことがあったきり、こうしてライブに通うようになってから初めてだ。

中へ入ってみると、ライブハウスと言うよりは、こじんまりとしてシンプルなイベント・スペースといった趣。
雰囲気はちょっと違うけど、公園通りクラシックスをもう少し狭くしたような?
そして、ピット・インの時同様、フロアの中央付近に内橋さんと外山さんが向かい合うセッティング。
前回との違いは、ダグソフォンがあったこと。
久しぶりなので、嬉しい。

ファースト・セットは、ギター&ドラムで通常通りにスタート。
途中、ダグソフォンに切り替える場面もありつつ、徐々に山に向かってく感じが2回ほど、だったかな?
若干、記憶が曖昧。
ピット・インでも座席によってはかなり間近に見ることができるけれど、ここではさらに近くて、また違った緊張感と迫力が。
おおよそ45分くらいで消灯し、演奏を終えるというのはいつも通り。

セカンド・セットは、ダグソフォン・スタート。
何度か見ているけど、何であんな音が出るんだろう、といつも不思議に思う。
簡単そうに演奏しているけど、多分、難しい。
見たことのない奏法(?)もちょっと見られ、面白かった。
で、内橋さんが再びギターにチェンジすると、結構早い段階で、6弦が切れてしまい、鬱陶しそうなんだけど、弦を張り替えることはせず、しまいには弛んだ弦で他の弦を擦り始め、徐々にビリンバウみたいな音になって行くのがさらに面白かった。
内容は、前回のセカンド・セットより良かった、と思う。

そして、アンコールは、ダグソフォン&ドラムで、短めに。

そんな感じの初池袋。
座席が万遍なく埋まる感じで、なかなか盛況でした。
個人的には、池袋で見る機会、もう少し増えてくれると嬉しい。
近いから。



休み。
back-woods song
[2011/06/18 22:03] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪また池袋 | ホーム | 2度目と1度目≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1502-318b844f
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。