スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
腕が上がったどころではないです
TOP ▲
Yasuhiro Yoshigaki

芳垣安洋4Days/Orquesta Libre Plays Standards
06/24/11 Pit Inn - Shinjuku, Tokyo, Japan


今年も例年通りに芳垣さんの4Days。
で、2日目のVincent Atmicusと最終日のOrquesta Libre Plays Standardsを見に行こうと決めていたんだけど、Vincent Atmicusの日にうっかりと別の予定を入れてしまい、仕方なくキャンセル。
結局、今年はこの最終日だけ。
残念ながら。

で、Orquesta Libre Plays Standards。
スタンダードをやるために作ったオーケストラ、だそうです。
メンバー、コピー&ペースト。

芳垣安洋(Ds)青木タイセイ(Tb,Key,Har)塩谷博之(Ss,Cl)藤原大輔(Ts)渡辺隆夫(Tp)Gideon Juckes(Tuba)高良久美子(Vib,etc)椎谷 求(G,steel-G)鈴木正人(B,etc)岡部洋一(Per)

Brassticksなど、芳垣さんと青木さんと組んだライブをある程度見ていればお馴染みの曲を中心に、初めて聴いた曲もいくつかあったけれど、とても芳垣さんらしい選曲。
そして、ファースト、セカンド・セットともにそれらの曲をモンクの曲を短めにアレンジしてサンドイッチ、といった趣向。

で、スタンダードをやるということとメンバーから察して、ある程度、音の予想はできていたんだけど、それ以上に素晴らしい演奏と内容だった。
編成からして、管楽器が前面に出ることが多かったんだけど、意外なところで鈴木さんのベースが主旋律を弾いていたり、ちょっとしたところで高良さんや岡部さん、ギターの椎名さんが効果的で印象に残る音を出していたり。
もちろん、管楽器の皆さんの演奏も素晴らしく。
サンタナの曲での高良さんと岡部さんのソロがまた格好良く。
楽器がいろいろと多いけれど、うるさくならず、無駄な音がない感じ。
芳垣さんのソフトな面と歌心、それと青木さんのアレンジが十二分に発揮された内容だったと思う。
感動的だったと言っても良いくらい。

Vincent Atmicusを見逃してしまったのは惜しいけれど、この日を見ることができて良かったです。
また、ぜひ。



休み。
back-woods song
[2011/06/26 15:00] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪もっと知られても良いんではないかと思います | ホーム | また池袋≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1504-103596ab
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。