スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
やはり独特
TOP ▲
Matsukaze Koichi Quartet

Matsukaze Koichi Quartet
07/15/11 Pit Inn - Shinjuku, Tokyo, Japan


またまた1週間以上経ってしまいましたが、先週の金曜日。
ピット・インで、松風鉱一カルテット。
他の会場でも見てみたいと思いつつ、行きそびれているけれど、ピット・インの時はコンスタントに見に行くようになり、三月の末以来、これで4度目。

セットリストはこんな感じではなかったでしょうか。

Set 1:
Marionette
No Easy
K2
Shallow Dream
3.11
W.W.W.

Set 2:
Life Time Blues
Outside
Black Tree In Shochu Island
Blue-Black Stairs
洋子さんの散歩
Song For Young Dried Sardines

前回は、それまで見た中では最も印象に残っていて、静かに、グッと迫って来るような感じだった。
今回は、その前回と比べると、フラットな印象。
フラットと言っても、盛り上がりに欠けるとか、そう言うことではなくて、迫って来る感じは少なめだったけど、クールというか何というか、独特な曲の独特な表現が、ただただ気持ち良かった。
ギターやドラムの音が浮遊する中、ベース・ラインが気持ち良くて、水谷さんの動きを凝視していることが多かった、かも。

その他、加藤さんのギターが同じSGではあるんだけど、いつも使っている物ではなく、新品かどうかは不明ながら、よく見るとピカピカ。
そのせいか、音がいつもと少し違って聴こえて、若返った(?)ような。
シャキッとした歯切れよく、いつもの年季の入った音とは印象が変わって、その違いが面白かった。

という感じで、1週間も経ってしまったし、新たな感想があまり浮かばないんだけど、今回も堪能したことはたしかです。



休み。
back-woods song
[2011/07/23 21:36] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪手抜きメモ2011年7月 | ホーム | 渋い≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1510-3b04024f
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。