スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
お腹いっぱいです
TOP ▲
IMGP5806


teneleven/improvisation/Zgg Zagg!!/南方美智子
09/22/11 Club Goodman - Akihabara, Tokyo, Japan


先週の木曜日。
ギリギリまで、スーパー・デラックスの芳垣さんのライブと迷ったんだけど、こちらへ。
ってことで、今回も盛りだくさんなtenelevenの企画。

まず、南方さんのソロから。
3月にSardine Headと共演した時のソロ演奏とはまた違った趣。
なんとなくAutechre(そんなによく知らないけど)なんかの名前が浮かんだけど、いわゆるテクノとも少し違い、よい感じ。

途中、山本達久さんと、MIDIギターの井上経康さんが加わり、しばらく一緒に演奏した後、南方さん退場。
そして、ナスノさんが登場し、Zgg Zagg!!の演奏へ。
その構成がとても格好良かった。
井上さんは、今回初めてだったので注目していると、道具は違えど演奏スタイルがどことなく内橋さんを思わせるように感じたけど、どうだろう。
曖昧な音色を使うことも多く、音量面でもう少しコントロールがあっても良かったような気がするけど、多様な音を出すので、かなり面白く、今後もどこかで見る機会がありそう。
ナスノさんのシンプルなフレーズや、緩やかに展開して行くのが感じが良くて、聴き応えあり。

続いて、坂口光央さん、勝井祐二さん、千住宗臣さんのトリオによるセット。
今回の出演者の中では、ゴリゴリとまでは言わないけど、ストレートで、一番派手な演奏。
四つ打ちな場面も多かったけど、途中、勝井さんの誘導でアフロっぽくなったり、多様なリズムで何度か山を作る感じ。
好みからすると少々長く感じてしまう節はあったけれど、この日のアクセントだったと思う。

最後は、当然、teneleven。
最近、もの凄く引き込まれているので、もうあんまり書くことはないけれど、この日は近々行われるらしいレコーディングを意識した内容になるとのことだったので、それがとても楽しみだった。
普段よりもナスノさんが細かく指示を出していたり、その様子を見ていると、南方さんのフレーズを起点に展開して行くことが多かったり、今まで気付かなかったことが分かったような、気がするけどどうだろう。
どうやら正式メンバーになりそうなササキヒデアキさんの映像と相まって、引きずり込まれた。
どなたが操作していたのか分からないけど、店内のモニターの方では、引いた画と寄った画を重ねていたりして、そちらを見ていても面白く、映像作品もいいかも、と思った。

そして、南方さん以外のメンバーが退場し、再び南方さんのソロへ。
これまた、冒頭の演奏とは少し違った雰囲気。
水滴の音っぽいのを使っていて、それを聴きていると、Jeru The Damajaの"Come Clean"を思い出したりしたけど、どうでもよいですね。

その後、tenelevenとしてアンコールを1曲演奏し、終了。

終わってみると、各メンバーの個性や持ち味が万遍なく分かるようになっていて、かなり面白かったし、かなり充実、と改めて思いました。
お腹いっぱいです。
アルバムに期待。



休み。
back-woods song
[2011/09/24 18:11] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪渦 | ホーム | 移転後初≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1522-56df9623
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。