スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
包み込まれる感じ
TOP ▲
IMGP5806


銅beats/鬼怒無月/301号室/Hand
10/03/11 Lush - Shibuya, Tokyo, Japan


先週の月曜日。
最近、ナスノさん率高めですが、8月のSardine Headのジョージさんが加わったライブがとても素晴らしく、またあの感じを聴いてみたいと思い、その時のドラムを務めたJimanicaさんとナスノさんが新たに組んだ銅beatsというユニットを見るために、渋谷まで。
Lushは、是巨人とSardine Headが共演した時以来なので、かなり久しぶり。

1番目がHandというバンド。
平たく言うと、エレクトロニカをバンドで、って感じだろうか。
上物のノイズやらベースやら、音数を最小限に絞ったところとか、なかなか面白いなと思いつつ、肝心のビート感が弱いような。
好みで言えば、もっとダブっぽかったり、もっと深く沈み込むような強靭な感じがあったりすると嬉しいです。

2番目に鬼怒さんのソロ・アコースティック。
実はこの日、出演者が多いので見に行こうか前日まで迷ってたんだけど、鬼怒さんのソロ演奏を聴いてみたいというのが、行こうと決めたひとつの大きな理由。
そして、即興とは思えない即興で3曲。
ごまかしの効かない音で、エレクトリッック・ギターと変わらぬ演奏で、次から次へといろいろな要素が出たり入ったりする様子に、ただ唖然とするばかり。
圧巻です。

3番目に301号室というギター&ドラムの2人組のバンド。
平たく言うと80年代のKing Crimsonをすっきりさせたような感じ、だろうか。
いろいろなバンドがいるもんだなと、面白くもあったんだけど、時々打ち込みによるベースラインの存在感が一番大きい場面もあったりなんかして、少々物足りなさを感じた。
目の前で演奏しているにも関わらずライブ感があまりなくて、人前で練習しているような。
良いベーシストが入ったらもっと面白くなるような気もするんだけど、余計なお世話ですね。

最後に、銅beats guest ナカコー(from iLL)。
ゲストの中村さんの以前のバンドは、一時、わりと好きで聴いていたこともあったんだけど、ライブは見たことがなかったので、こういう形で見ることになるとは思いもよらず。
ベースとドラムによる、ジワリジワリと来る演奏に、エフェクト類やギターによるノイズ等による効果音が乗る感じ。
ギターあるんだから、少しは弾いたらいいのにとか思ってしまうけど、終盤のノイズかき鳴らし(なかなか良かったです)まで肩に掛けることはせず。
最初のバンドもギターを弾くのではなく、単にノイズを出すことのみに使っていたけど、最近の流行なんだろうか。
ということはさておいて、ナスノさんとJimanicaさんいよる演奏、曲の組み立て、終盤に至るまでの迫力が息を飲むほど凄くて、ただただ引き込まれた。
ライブハウス全体が音に包み込まれる感じ。
圧巻です。

という訳で、楽しみました。



休み。
back-woods song
[2011/10/09 10:57] | Rock | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪むしろ生き生きと | ホーム | 手抜きメモ2011年9月≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1526-7e8d6490
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。