スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
ピース
TOP ▲
_IGP6456

Sardine Head w/ Sato Kenji
10/25/11 Crocodile - Shibuya, Tokyo, Japan


いろいろ忙しかったり、ダラダラしたりしていたもので、先々週の火曜日。
毎年恒例、Sardine Headのクロコダイルでのゲスト・シリーズ。
今年のゲストは、ベーシストの佐藤研二さん。

ファースト・セットは、通常通り、Sardine Headのみの演奏。
見には行けなかったけど、音源を聴いて気に入っていた"Rise Sunrise"の新しいアレンジがとても良くて、生で聴いてさらに気に入る。
全編、ひたすらストイックに演奏され、ここ最近の傾向が集約されたような感じ。
じっくり堪能。

セカンド・セットは、ちょっとしたフライングはあったけれど、しばらくSardine Headのみでの演奏の途中で、佐藤さんが登場し、ゲスト・シリーズでは恒例になっている"Shuffle"からスタート。
佐藤さんは、冒頭から全開で、こちらとしてももう笑うしかない状態。
佐藤さんが主導のCreamの曲"Politician"では、完全にバンドを支配する感じに。
その他のSardine Headの曲でも、佐藤さんがリードし、バンドを煽る場面が多々あり、やはり笑うしかない状態。

佐藤さんを見るのはまだ2回目で、最初に見た時にはベースと言うよりもブルース・ギターのような印象を持ったんだけど、改めて体験すると、そんな単純なものではなくて、やっぱりあくまでもベース、という感じもあるし、それだけではないし、何をどうやったらああなるんだろうという不思議なことだらけ。
ジャック・ブルースの影響を前面にアピールしていることなんかは、このくらいのレベルで活動されてるミュージシャンでは珍しいような気が。
もちろん、単なるフォロアー以上のものが多分にあるある訳で、演奏だけではなくて、しゃべりの方も含めてサービス精神たっぷり。
トレード・マークとも言える白い手袋があんな理由だったとは思いもよらず。
加えて、演奏している姿がひたすら楽しそうで、もの凄いソロもまったく嫌みがなく、こちらもひたすら楽しい。

そんな感じで、本編5曲、アンコール2曲、たっぷりと演奏してくれ、ずっと笑うしかない状態をひたすら堪能。
ストイックなファースト・セットとは対照的な雰囲気で、どちらも素晴らしかったと思う。

来年は、どなたでしょうか。

セットリストは、鰯メモ



休み。
back-woods song
[2011/11/06 21:03] | Live | トラックバック(1) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪手抜きメモ2011年10月 | ホーム | 他の日も見たかったです≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1530-9e586260
-
管理人の承認後に表示されます[2013/07/04 05:39]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。