スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
手抜きメモ2011年10月
TOP ▲
さて、やっと10月分。

10月は、5本と平均的な本数ながら、どれも充実。
楽しかったです。

10/03/11 銅beats/鬼怒無月 @ 渋谷 Lush
10/12/11 南博 Go There! @ 新宿 Pit Inn
10/13/11 芳垣安洋 iKnow @ 新宿 Pit Inn
10/14/11 Peter Brotzmann @ 新宿 Pit Inn
10/25/11 Sardine Head w/ 佐藤研二 @ 渋谷 Crocodile

CD。

Pink Floyd - Discovery Box Set
Miles Davis Quintet - LIVE In Europe 1967: The Bootleg Series Vol. 1
Otomo Yoshihide - Otomo Yoshihide Soundtracks Vol.1: 胡桃の部屋
Full Blast & Friends - Sketches & Ballads
Kenji Sato - Kenji Sato plays Kenji Sato

思ったよりも買ってしまっていた10月。
先月に続き、円高の恩恵を少々。
Pink FloydはCDをほとんど持っていなかったのでいい機会かなと思って、悩んだ末の購入。
この辺のボックスは、あまり買う気が起こらないけど。
ブロッツマンを見に行った時、何かCDを購入しようと思っていたんだけど、物販を眺めていてもあまり意欲が湧いてこなくて、何も買わずに帰ったら、Full Blastの新しいのが出ていたことを知り、慌てて注文した次第。
気付けば、ライブの時に買ったんだけど。
で、今見てみたらUS盤が12月に出るらしく、しかも、随分と安い。
やや失敗。

そんな感じでした。
11月は、いろいろと大変なことになる予定。



休み。
back-woods song
[2011/11/07 20:39] | info/etc.. | トラックバック(0) | コメント(4)
この記事のURL | TOP ▲
≪またここで聴いてみたい | ホーム | ピース≫
コメント
いやぁ、買っちゃいましたか。
piouhgdさん、こんにちは。

Pink Floyd - Discovery Box Setをお買いになったとの記事を先日拝見して、私もすこし手持ちのアルバムを聞きなおしていました。

久しぶりに幾枚か聞いてみてロジャーとリックがピンクフロイドの音楽にそれぞれの力をどうあらわしているかなぞとぐずぐずと考えていました。

ピンクフロイドのレコード時代のものはほとんどそろえてあったのですが、ある時ジャズ以外のレコードは欲しい人たちにあげてしまい無くなりました。
その後、やっぱり彼らのアルバムが聞きたくなり買いなおして、数えてみたら7枚手元にありました。
このコンプリートボックスは魅力的ですが中途半端に持っていると購入はためらいますなぁ。

20000円ほどですべての音源が手に入ったpiouhgdさんがうらやましいです。
なによりもこれから初めてキッチリとピンクフロイドの音楽に触れるというpiouhgdさんのことがもっとうらやましいです(笑)。
[2011/11/21 05:07] URL | Sonny [ 編集] | TOP ▲
>Sonnyさん

ええ、買っちゃいました。(笑)
しかも、UKアマゾンのプリオーダー価格&円高のおかげで、15000円弱です。
既に持っているものが半分以上あったりすると、ためらいますよね。
さすがにマイルスのコロンビア・ボックスは、今のところ(?)買ってません。

>これから初めてキッチリとピンクフロイドの音楽に触れる

いえいえ、初めてではありませんです。
今回、初めて聴くアルバムも結構ありましたが、その昔レコードを散々聴いて、CDを買うタイミングを逃していたのです。
ロジャー・ウォータース抜きですが、ライブも見ておりますよ。
[2011/11/21 14:00] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
piouhgdさん

ロック界でセールスナンバーワンを誇るアルバムを有するグループを、いまさら初めて接するわけはありませんわなぁ。
はやとちりして申し訳ないです。

ピンクフロイドの楽曲っていうのはアルバム作成時にはロジャーの才能が必要なんでしょうが、作品が完成してしまえばライブでは彼はいなくても成立するような気がします。
個人的にはウォール以前のリックの音楽性とロジャーのストーリーを兼ね備えたアルバムにとても惹かれるものがあります。
まぁ、世間一般の評判もそんなところでしょうね。
[2011/11/22 01:32] URL | Sonny [ 編集] | TOP ▲
>Sonnyさん

>いまさら初めて接するわけは

いえいえ、ロックにしてもジャズにしても、いわゆる王道っぽいものはたくさん素通りして来ていいるので(笑)、Pink Floydはたまたま早い時期に聴くチャンスがあっただけです。

>ウォール以前の

同じく、です。
ウォールは、2枚組みで高かったし、それ以前とは音の傾向が違うというのは知っていたので、敬遠してました。
で、ボックスを買って初めて聴いたのですが、ちょっと馴染めないものがありますね~。
[2011/11/22 10:59] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1531-39ed105a
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。