スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
近いけど違う
TOP ▲
Hiroshi Minami

Hiroshi Minami M.M.S.
11/17/11 Pit Inn - Shinjuku, Tokyo, Japan


先週の木曜日。
今月は、妙に見たいものが集中していて、いろいろ諦めつつも、結局この日から4日連続のライブ鑑賞。

まずは、南博 M.M.S。
今年の初めくらいから、Bozoのから外山さんを引いて本田珠也さんを加えたメンバーで、ミンガス、モンク、ストレイホーンの曲を演奏しているというのは知っていて興味はあったんだけど、何となく見逃していたところ、ピット・インに登場するということで、迷わず行くことに。

セットリスト。
こんな感じ、だったはず。

Set 1:
Reincarnation Of A Love Bird (Mingus)
Nostalgia In Times Square (Mingus)
Duke Ellington's Sound Of Love (Mingus)
Better Git It In Your Soul (Mingus)

Set 2:
Let's Cool One (Monk)
I Mean You (Monk)
Ruby My Dear (Monk)
Lush Life (Strayhorn)

Encore:
Chelsea Bridge (Strayhorn)

メンバーが近いにも関わらず、当然というか、津上さんがリーダーのBozoとは雰囲気は異なり、また南さんのグループのどれとも雰囲気は異なり、でも、どこか共通するところもあり。
それぞれが持ち味を発揮する中、まだ数えるほどしか見たことがない本田さんのドラムが新鮮。
とにかく豪腕なドラマーという印象だったけど、そういう場面もありつつ、そうでない面もいろいろと聴けたし、スネアの音を中心に、とても気持ちがよい。

グループとしての濃さの面では、長く続いているGo There!やBozoには今のところ至ってないような気がするけれど、また違ったものが見れたし聴けたし、堪能しました。
そして、今後に期待。



休み。
back-woods song
[2011/11/21 20:44] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪アルバムが楽しみです | ホーム | 充実≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1536-6605ef50
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。