スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
シティーガード
TOP ▲
Altered States

Altered States
11/24/11 Pit Inn - Shinjuku, Tokyo, Japan


先週の木曜日。
11月2回目の4日連続の2日目。
この日からAltered Statesの3daysの始まり。
初日は、内橋さん、ナスノさん、芳垣さんの3人のみの演奏。
ちょうどピッタリ、1年振り
この日をどれだけ待ったことでしょう。

ファースト・セットが3曲、セカンド・セットが2曲、そして、アンコールが1曲、と書いてみて、昨年の感想を読み返してみたら、曲数が同じだった。
1曲目は、Altered Statesで使うのは珍しいダクソフォンの演奏から。
この数日前にダクソフォンを開発したハンス・ライヒェル氏が亡くなったそうで、ライブ中にはそのことに触れてなかったけど、追悼という意味もあったんだろうか。
貴重な演奏。
で、徐々にドラムが入り、徐々にベースが入り、ダクソフォンの音をエフェクトで残しつつ、ギターに切り替えたんだけど、この瞬間がとても格好良かった。
そして、Altered Statesでは、意外と珍しいファンキーな演奏に。

これ以降、めくるめく感じで、久しぶりのAltered Statesを堪能。
内橋さんのメインのエフェクターの調子があまり良くなかったこともあってか、ひとつの展開が長めに続く場面が普段よりも多かったような気がする。
セカンド・セットでは、紆余曲折あった挙げ句、King Crimsonっぽい展開になったり、結構ロック寄りな展開になったり。

アンコールでは、例年通り(?)無茶なアンコール要求タイムに。
いろいろあって、今年は"Free Bird"に決定。
どうもバンドにはLynard Skynardのそれとは伝わらなかったらしく、当然、原曲無視の演奏へ。
いや、伝わってたとしても、そうなったと思うけど。

ステージ上では、何よりもメンバー3人が久しぶりの演奏を楽しんでいるように見え、緊張感は当然あったんだけど、過去に見た演奏とは少し違った雰囲気があった気がする。
という訳で、見て、聴いているこちらもとても楽しかったです。

続く。



休み。
back-woods song
[2011/12/06 21:23] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪耳はやられたけど楽しかったです | ホーム | 静謐≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/1541-a02efb43
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。