スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
トリオではだめなのかい?
TOP ▲
Cedar Walton Quartet - Live At The Umbria Jazz Festival


Cedar Walton Quartet
Live At The Umbria Jazz Festival


76年7月20日の"Eastern Rebellion"のメンバー、シダー・ウォルトン、ジョージ・コールマン、サム・ジョーンズ、ビリー・ヒギンズの4人でのライブ映像。
よくもまあ、こんな映像がDVD化されたものだと感心する。
でも、とてもありがたい。
1曲目がいきなりアルバムと同じ"Bolivia"。
この曲はテーマ、特にベースがかっこよく、アルバムを初めて聴いて一発でやられたのだが、ライブにおいてもアルバム同様、躍動感のある演奏が素晴らしく、目が釘付けに。
ウォルトンのピアノを弾く姿がまた素晴らしく、たぶん独特な指運びが見ていてとても気持ちよい。
これを見るだけでも、充分価値のある映像だ。

ただ、1つ気になるのがジョージ・コールマンのテナー・サックス。
アルバムを聴いた時にもやや違和感を覚えたのだが、ライブではそれが更に倍増し、テーマ部分ではまだしもソロではなかなかきつい部分も目立つ。
時折、あからさまに調子が外れていたり、尻すぼみなのが気になる。
以前、"Eastern Rebellion"を教えてくれたTさんにマイルスのバンドにいた人だと聞かされ、そういえば名前聞いたことあるなと思ったのだが、この人の参加するマイルスの"My Funny Valentine""'Four' & More"ともに大好きなアルバムなのだけれど、びっくりするほどサックスの印象が残ってなくて納得したことがある。
もちろん、名のある人だから、一定のレベルに達していているのだと思うけれど、マイルスのバンドにしろ、このバンドにしろ、コンセプトにそぐわないというか、ついていってないようなところが見受けられる。

そんな感じで、サックスのソロのパートとサックスが外れたトリオでのピアノソロのパートのテンションのさが一目瞭然で、願わくばこのまま3人での演奏が続いてくれれば、なんて思ってしまった。
それぐらい、このトリオでの演奏が素晴らしい。
こんなのを一度、生で見て見たいもんだ。
[2006/01/18 00:06] | Jazz | トラックバック(0) | コメント(6)
この記事のURL | TOP ▲
≪2ヶ月半がかり | ホーム | 帰りがけに≫
コメント
映像を見ると、Cedarがどうやって指を動かしているのか、そんなことが確認できて、15年以上聴いてきたピアノのイメージが、がらっと塗り替えられた思いでした。
そして特筆すべきコールマンのダメっぷり。目も当てられませんね。やれやれ。リーダー作でも、気に入ったものに出会えたことはいまだ有りません。まったく。
[2006/01/18 09:49] URL | たに [ 編集] | TOP ▲
>たにさん

確かに音だけ聴いているのと少しイメージ変わりました。
これを見た後、ピット・インでのライブ盤を聴くともっと楽しめるかも。

コールマンは、ねえ...。
ゲイリー・バーツよりは多少ましかなと思うけど。
[2006/01/18 09:56] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
そうそう。Boliviaはね
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000000FMQ/qid=1137545528/sr=1-16/ref=sr_1_0_16/503-4606921-6285521
ここでもCedarのピアノとともに聴けます。
半端な時代ですが、ここでのFreddieもなかなか味があります。激しさはないけど。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000081WJ/qid=1137545590/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/503-4606921-6285521
90年前後に流行ったロンドンAcid Jazz勢の中で一番モダンジャズ臭のあったこのグループの1stでもBoliviaやってました。当時、パルコ主導であおっていた関係で、英Acid Jazzレーベルのコンピをパルコ企画で国内盤でだしたDance wickedというCDにこの曲も入ってました。はまってたのょ。
[2006/01/18 10:01] URL | たに [ 編集] | TOP ▲
>たにさん

ハバードのやつは、またえらい高値がついてますな。
アシッド・ジャズはあんまり深入りしなかったので、これは全然知らんです。
どちらもチャンスがあったらトライしてみます。

余談だけど、"Bolivia"のテーマのフレーズって「イパネマの娘」にちょっと似てるよね?
[2006/01/18 10:10] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
ええ~~??
そう??
と思って口ずさんで比べてみた。
Boliviaの前のめりなビートを
シャッフルぽくシンコペートさせると
あらあら、ほんとだ、似てるようです。
大発見。
[2006/01/18 11:44] URL | たに [ 編集] | TOP ▲
>たにさん

でしょ?
でも、そこまでしなくても。(笑)
[2006/01/18 11:59] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/155-3f20af53
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。