スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
風にそよぐ最低ぶり
TOP ▲
The Mollusk

Ween
The Mollusk


97年リリースの6枚目のアルバム。
この辺りから惰性というか、今どうなっているんだろうという確認のために買うようになり、数回聴いただけだったし、インパクトの強かった部分以外あまり内容も覚えていなかった。
でも、つまらなかったのかといえば、そういう訳でもなく、相変らず面白いことやってるねえ、と文字通り確認しただけで満足してしまっていたのだと思う。

という訳で、これまた久しぶりに聴いてみた訳だ。
のっけから人を食ったような曲で始まる。
そして、当たり前のように声のピッチはいじってある。
そうかと思えば、歌心溢れる美しいメロディの曲が登場したりもするし、再び人を食ったようなチープなMotorhead風(?)な曲や、これまでなかったようなストリングスを導入した壮大な曲が登場したりと、めまぐるしく展開して行く。
このバンドの世界にはもう慣れてしまっているので、以前のアルバムほどびっくりするような要素は少ないが、これだけバラエティに富んだ内容を違和感なくまとめるのはさすが。
4曲目"I'll Be Your Jonny On The Spot"と曲名からして最低ぶりが遺憾なく発揮されている11曲目"Waving My Dick In The Wind"は特にバカバカしく、痛快。

今日、たまたまネットで見かけただけで未確認なのだけれど、この不気味なジャケットはヒプノシスが手がけたもの、という情報があった。
もし、本当だとしたらヒプノシスがまだ活動していることにも驚くし、このバンドのジャケットを手がけていることにも驚く。
どうなんだろう。
今のところ、半信半疑。

と、ここまで書いてクレジットにある"Storm Thorgerson"という名前を検索してみたら、本当にヒプノシスの一員だった人だ!
[2006/02/25 01:52] | Rock | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪こってり | ホーム | 最低だけど実力派≫
コメント
失礼します。
Weenの研究サイトっていうのはここでいいんでしょうか?(笑)

いや~、このジャケがヒプノシス絡みだったとは意外だね。
最近だと他にどんな仕事してるのか気になるところだね。
GASTAR DEL SOLの初期の奴もモロにヒプノシス風だったけど、あれとかどうなんだろ?
[2006/02/25 08:25] URL | DT+Cui [ 編集] | TOP ▲
>DT

ハイ、そうです。
って、この連中についてまじめに文章を書いている自分がおかしいんじゃないかと途中で思い始めたところです。(笑)

ヒプノシス、ね。
軽く検索しただけでは、70年代、80年代のことばかりで、最近の情報がなかったんだよね。
確かにどんなことやってんのか興味あるね。
この醜悪なジャケットがまさかそうだとはこれっぽっちも思ってなかったけど。(笑)
[2006/02/25 10:02] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/194-e01991ce
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。