FC2ブログ
消化不良、一応治まる
TOP ▲
Dinosaur Jr


Dinosaur Jr.
02/27/06 Shibuya-AX - Shibuya, Tokyo, Japan


そして、2日目、再びAXへ。
会場に着くと、昨日とよりもずっと外に人が少なくて、大丈夫なのかと思う。
空いているロッカーに適当に荷物と上着を入れて鍵を閉めたら、偶然昨日と同じところに入れていて、少しばかり驚いた。
それにしてもロッカーが外ってどうなんだ?
真冬じゃないから、まだいいけど。
中へ入ってみると、やっぱり昨日より少ないかな、でも平日だからしょうがないかな、なんて考えながら水を買いに行ったら、有名な俳優さんを見かける。
たしかバンドもやってる人だから不思議はないか、などと思いつつじっと見てしまった。
今日は、前の方は音楽を楽しむ場所ではない、という教訓に基づき、FOB付近へ陣取る。
どっちにしろ爆音だからあんまり関係ないかと思いつつ。
なんてしているうちに会場が埋まり始め、多分、昨日と同じくらいにはなったんではないだろうか。

昨日と同様、15分遅れくらいで始まる。
1曲目は、多分昨日とは違う(もしかしたら同じ?うろ覚え...)が、ファーストアルバムの曲と思われる。
どうもこのアルバムだけは、悪くないのだけれど、その後と比べると楽曲の完成度が低く、このバンドを熱心に聴いていた当時もあまり頻繁には聴かなかったのだ。
だから、数曲を除いてはっきりと覚えてなかったりする。
これを機にちょっとチェックしてみるか。
今日は、どうも1曲目からギターのチューニングがおかしく、しきりに気にしているようだった。
が、やっぱり聴いている位置が良かったのか、昨日よりもバランスよく聴こえ、昨日もこの辺で見れば良かったと少し後悔。
本編はやはり1時間ほど、曲順が違うくらいでやる曲はほとんど違いはなかった。
ただ、昨日はアンコールにやった"The Wagon"や"The Lung"を既にやってしまったので、今日は何をアンコールに持ってくるんだろうか、と少し期待した。

で、結局アンコールも昨日と同様3回。
最初は、たしか昨日もやっていた"Just Like Heaven"だったか。
続いて、たぶん"Chunks"かな?
Jが珍しくレス・ポールなんかに持ち替えている。
「アメリカに取りに帰ったんだ」とか言ってたような気がするが、あまり客に通じた様子はなく。
2回目のアンコールでは、やはり"Freak Scene"。
そしてやっぱり一番の盛り上がりを見せていたが、個人的に一番グッと来たのが、次にやった"Tarpit"。
セカンドアルバムの6曲目だ。
大きくうねる感じが気持ち良く、かなり好きな曲。
いっそのこと最後は"Don't"でもやって、グダグダのまま終わってくんないかな、なんて思ったが、さすがにそれはなかった。

でも、このバンドのライブは、いつも見るたびに楽しみはするのだけれど、意外と気持ちの盛り上がりが少ない。
例えば、ニール・ヤングを見た時のような。
自分としては同じくらい好きなはずなのに、見終わった後は結構サッパリとしていて、いつも、まあこんなもんかね、と思いながら帰っているのだ。
それと、多分曲をあまり知らないで見る人にはあまり楽しくないライブかもしれない。
あの爆音のせいで。
曲を知っていても途中でどこを演奏しているのか分からなくなる時があるくらいだから、結構きつい部分もあるのではないだろうか。
でも、あの音でなければこのバンドらしくないし、というのもあるけれど。

1日目を見終わった時点では、2日間もチケット取る必要なかったかな、とか、もうこういうのはいいかな、とか考えていたのだけれど、やっぱり場所選びが良かったせいか、昨日よりはずっと楽しめたので、少し気が変わった。
演奏がどうとかではなく、自分自身の気持ちとして。
多分、再び見る機会があれば見に行くと思うし、また前述のような気持ちにもなるのだろう。
けれども、また見たい。
そんなバンド。
[2006/02/27 23:22] | Live | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪なかなかよいです | ホーム | やや消化不良≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/198-1a4fc44d
| HOME |