スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
サービスデイ
TOP ▲
SK-01-S0000260ca.jpg


Steve Kimock Band
05/07/05 Mystic Theatre - Petaluma,CA


初スタジオ・アルバム"Eudemonic"を聴いて、買ってからしばらく放置してあったこの日の演奏を聴いてみたくなった。
偶然なのか、出だしの2曲が今回のアルバムと同じく"Eudemon""Ice Cream"と続く。
当然、どちらの曲もスタジオ盤よりもずっと長い。
SKBを聴き始めてからまだ2年も経っていないけれど、ライブばかり聴き続けているため、こちらの方が自然な感じだし、”バンド”としてバランスが良いように感じてしまう。
"Eudemonic"で初めてSKBを聴いた人が、ライブの音源を聴いてどう思うのか、ちょっと知りたい。

この日の2日前、5月5日はオールリクエストによるショーで、続く6日、7日の3日間は、ファンサービスのような感じの選曲。
"Cole's Law""It's Up To You""Tongue 'n' Groove"なんて人気曲が勢揃いしているし、珍しく"No Woman No Cry"なんて大メジャー曲をやっている。
特に耳に残ったのが、"Cole's Law"。
2005年に入ってからの導入部分のアレンジが、それまでのフワーッとした幻想的な感じでなく、わりと軽い、いつの間にか始まっている感じになっていて、それが好きだ。
もちろん、インプロや盛り上がりの部分も素晴らしい。
"Weapons Of Moose Destruction"もいつもと違って、Pete Searsのキーボードを活かすようなアレンジになっていて、なかなかよし。
そして、締めが"Little Wing"。
この辺は、Mさん宅でワインを飲んで、帰りの電車で半分寝ながら聴いていたので、よく憶えていない...。
また、改めて。
[2005/08/28 23:11] | Rock | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
≪よもや万引きで捕まるとは思うまい | ホーム | 出たので出ました≫
コメント
雰囲気サイコー
ノーウーマンノークライでオーディエンスが合唱してるところ、
ジーンと来ました。
[2005/08/29 13:45] URL | mikion [ 編集] | TOP ▲
>mikionさん

>ノーウーマンノークライでオーディエンスが合唱してるところ

実は、ここら辺ワインが効いててあんまり記憶にないんです...。(笑)
改めて聴きなおしてみます。
[2005/08/29 14:29] URL | piouhgd [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piouhgd.blog17.fc2.com/tb.php/2-e9790158
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。